Reuters logo
米国市場の底堅さが日本市場への好インパクトにつながるか【クロージング】
2017年6月5日 / 07:31 / 4ヶ月前

米国市場の底堅さが日本市場への好インパクトにつながるか【クロージング】


*16:27JST 米国市場の底堅さが日本市場への好インパクトにつながるか【クロージング】
5日の日経平均は小反落。6.46円安の20170.82円(出来高概算16億4000万株)で取引を終えた。2日の米国市場では失業率の低下が好感されるものの、原油安や円相場が円高に振れていたこと、英国でのテロ事件なども重しとなり、利食い先行で始まった。ただし、先高観の強いなかで押し目買い意欲は強く、寄付き直後の20104.13円を安値に、その後はプラス圏を回復。プラス圏での推移が続くなか、後場半ばには20224.54円まで上げ幅を拡大する場面もみられた。大引けにかけてはグローベックスの米株先物が小安く推移していたこともあり、ポジション調整のなかで僅かに下落している。

セクターではその他製品、小売、食料品、情報通信、サービスが上昇。一方で、鉄鋼、輸送用機器、海運、証券、非鉄金属、石油石炭、銀行が下落。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が過半数を占めている。ソフトバンクG9984、東エレク8035、コナミHD9766が終日強含みに推移しており、日経平均を下支えしている。

日経平均は反落となったが、ソフトバンクGの強い値動きのインパクトが大きいものの、センチメントを明るくさせる底堅さだった。また、マザーズ指数やJASDAQ平均がプラス圏で推移しており、個人主体の資金は中小型株にシフトしている需給状況とみられる。

米国ではロシアゲート問題に揺れるトランプ政権だが、FBIのコミー前長官に圧力をかけたとされる問題で、コミー氏が早ければ8日にも上院情報特別委員会で証言する意向である。政治混乱リスクが高まりやすいなか、米国市場の底堅さが意識されるようだと、日本市場への好インパクトにつながろう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below