Reuters logo
後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は小幅続伸、小幅ながらも銀行株が底堅い値動き
2017年6月8日 / 03:33 / 3ヶ月前

後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は小幅続伸、小幅ながらも銀行株が底堅い値動き


*12:27JST 後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は小幅続伸、小幅ながらも銀行株が底堅い値動き
8日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は小幅続伸、小幅ながらも銀行株が底堅い値動き
・ドル・円は109円92銭、伸び悩み、日本株高への期待は継続
・コミー前米FBI長官「トランプ氏は3月、ロシア捜査を政権運営妨げる雲と表現」


■日経平均は小幅続伸、小幅ながらも銀行株が底堅い値動き

日経平均は小幅に続伸。9.35円高の19993.97円(出来高概算8億3000万株)で前場の取引を終えている。7日の米国市場では、欧州中央銀行(ECB)が8日開催の理事会でインフレ見通しを引き下げるとの観測が強まり買いが先行。また、コミーFBI前長官とトランプ大統領の面談内容が記載された証言原稿が公表されると不透明感がやや後退したことも安心感につながった。

この流れを受けた日本株市場は買いが先行し、日経平均は2万円の大台を回復して始まった。ただし、重要イベントの結果を見極めたいとする模様眺めムードも強く、寄付き直後につけた20061.22円を高値に、その後は2万円を挟んでのこう着が続いている。セクターでは水産農林、空運、保険、銀行、電気機器がしっかり。一方で不動産、鉱業、輸送用機器が小安い。

日経平均は2万円を挟んでのこう着となっているが、小幅ながらも銀行株が底堅い値動きをみせており、センチメントは悪くないだろう。指数インパクトの大きいところでは、TDK6762、ファーストリテ9983、日東電6988、コナミHD9766、ファナック6954が堅調に推移しており、後場も底堅い値動きになりそうである。

とはいえ、想定内のこう着の中でも、重要イベントに対する楽観的な見方はなく、外部要因のリスクを回避する流れからも、中小型株に資金は向かいやすいだろう。個人主体の逃げ足の速い資金でもあるため、引けにかけてはポジション調整の動きが強まる可能性があることは注視しておきたい。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は109円92銭、伸び悩み、日本株高への期待は継続

8日午前の東京外為市場でドル・円は伸び悩み。今晩の重要イベントを控え様子見ムードが広がるなか、日本株にらいみの展開となった。

ドル・円は109円後半を中心とした値動き。日経平均株価がプラス圏で推移したことで、ややドル買い・円売りの流れとなり、一時110円01銭まで上昇した。ただ、前日終値を割り込む場面もあり、上値の重い展開となった。

ランチタイムの日経平均先物はプラス圏での推移が続いており、目先の日本株高継続を期待したドル買い・円売りに振れやすい見通し。日経平均が後場に20000円を回復できれば、ドルは110円台での取引となりそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円73銭から110円01銭、ユーロ・円は123円54銭から123円79銭、ユーロ・ドルは1.1247ドルから1.1267ドルで推移した。

12時22分時点のドル・円は109円92銭、ユーロ・円は123円76銭、ポンド・円は142円42銭、豪ドル・円は82円90銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・21LADY3346やREMIX3825など10社がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・コミー前米FBI長官の冒頭陳述原稿
「トランプ大統領は1月27日の夕食時、忠誠を求めた」
「トランプ大統領はフリン氏捜査の終了希望を述べた」
「1月6日、トランプ氏個人は捜査対象ではないと告げた」
「トランプ氏は3月、ロシア捜査を政権運営妨げる雲と表現」

・コーツ国家情報長官、ロジャーズ国家安全保障局長官(米上院公聴会)
「トランプ大統領との会話についてコメントすることはできない」

・メルケル独首相
「総選挙後速やかに英EU離脱交渉の開始を期待」

・OECD
「日本は財政信認維持で消費増税など健全化の道筋を実行を」
「日本は貿易障壁を低くするための農家への補助削減を」


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・13:30  企業倒産(5月)    -2.15%

<海外>
・15:00  独・鉱工業生産指数(4月)  2.3%  1.9%


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below