Reuters logo
個別銘柄戦略:買い先行の展開に、中小型株物色が活発、ゲーム株や仮想通貨関連に注目
2017年6月14日 / 00:16 / 3ヶ月前

個別銘柄戦略:買い先行の展開に、中小型株物色が活発、ゲーム株や仮想通貨関連に注目


*09:10JST 個別銘柄戦略:買い先行の展開に、中小型株物色が活発、ゲーム株や仮想通貨関連に注目
日本株市場は買い先行の展開となろう。13日の米国市場では、足元で売り込まれていたハイテク株に買い戻しの動きが広がり、NYダウ、ナスダックともに上昇。この流れを引き継ぐ格好から、ハイテク株や指数インパクトの大きい値がさハイテク株が買い先行となりそうだ。ただし、連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとする流れから上値追いは慎重とみられ、買い一巡後はこう着感の強い相場展開になりそうだ。それでも日経平均は25日線を支持線に反発といった動きをみせてくるため、先高観の中で押し目買い意欲は強そうである。需給妙味の大きい銘柄等へは買い戻しを意識した動きも出やすい。

また、個人主体による中小型株物色が引き続き活発だが、日経平均がこう着ながらも底堅い動きをみせることで買い安心感につながろう。過熱警戒感はあるが、資金回転が利いているため、引き続き資金流入が続くことになりそうだ。E3を手掛かりに、ゲーム株の動向のほか、イオン子会社が、仮想通貨「ビットコイン」での決済をICカードで済ませる技術を開発したと報じられており、仮想通貨関連への手掛かり材料になりそうだ。個別で強気格付けや格上げが観測されているところでは、セリア(2782)、KeePer技研(6036)、サンコール(5985)、SBSHD(2384)、スルガ銀(8358)、京セラ(6971)、ツムラ(4540)に注目。


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below