Reuters logo
NY株式:ダウは46ドル高、FOMC発表も新たな手掛かりに乏しい展開
2017年6月14日 / 22:35 / 3ヶ月前

NY株式:ダウは46ドル高、FOMC発表も新たな手掛かりに乏しい展開


*07:34JST NY株式:ダウは46ドル高、FOMC発表も新たな手掛かりに乏しい展開
 

14日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は46.09ドル高の21374.56、ナスダックは25.48ポイント安の6194.89で取引を終了した。朝方は、ワシントン郊外で共和党下院議員が負傷する銃撃事件が発生したが、連邦公開市場委員会(FOMC)の発表を控えて小動きとなった。注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利が引き上げられた。イエレン議長は、足元の物価上昇ペースの減速を認めた一方で、中期的なインフレ目標の達成には楽観的な見通しを示し、残り年1回の追加利上げ見通しを維持した。年内に段階的なバランスシート縮小に着手するとしたが、詳細については言及されず、発表後に上げ幅を縮小した。セクター別では、食品・生活必需品小売や食品・飲料・タバコが上昇する一方でエネルギーや素材が下落した。

税務サービスのH&Rブロック(HRB)は決算内容が好感され、上昇。航空機のボーイング(BA)は、航空宇宙・防衛部門の再編を発表し、買われた。一方で、原油相場の下落でチェサピーク・エナジー(CHK)や深海油田開発のトランスオーシャン(RIG)などエネルギー銘柄が軟調推移。コーヒーチェーンのスターバックス(SBUX)は一部アナリストによる投資判断引き下げを受け、下落した。

国際エネルギー機関(IEA)は、2018年にOPEC(石油輸出国機構)非加盟国からの原油供給が、世界需要を上回るとの見通しを示した。原油相場の上昇には、OPEC加盟国のさらなる減産延長が必要になりそうだ。

Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below