Reuters logo
週末要因もハイテクや金融セクターの動向に注目【クロージング】
2017年6月22日 / 07:22 / 3ヶ月前

週末要因もハイテクや金融セクターの動向に注目【クロージング】


*16:17JST 週末要因もハイテクや金融セクターの動向に注目【クロージング】
22日は日経平均は小幅に続落。28.28円安の20110.51円(出来高概算15億5000万株)で取引を終えた。米株市場がまちまちの展開となるなか、小幅に反発して始まった日経平均は、その後は前日終値を挟んで50円程度の狭いレンジ取引が続いた。日銀のETF買い入れへの思惑等もあり、後場寄り付き後には一時20191.42円まで上げ幅を広げる場面もみられたが、その後は再び前日終値を挟んでのこう着のなか、結局小幅に続落となった。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が若干上回っているが、ほぼ拮抗。セクターではゴム製品、医薬品、鉄鋼、精密機器、その他製品、ガラス土石がしっかり。一方で、保険、鉱業、電力ガス、食料品、不動産、小売が冴えない。また、中小型株物色は活発だが、値を消す銘柄も少なくなく、資金回転の速さが窺える。

日経平均は連日の陰線形成となるものの、2万円をキープしており、機関投資家はリバランス中心とみられるほか、個人も短期的な値幅取り中心のようである。明日は週末要因から、どちらかというと利食いに伴うポジション調整の売りが出やすく、まずは日経平均の2万円キープを見極めたいところである。ただし、資金回転が速い分乱高下にはなりやすいが、シコリも残らないためその後の反転も速いだろう。テーマ性があり、流動性の大きい銘柄には、引き続き個人の資金が集中しやすい。

その他、米国では23日にFTSEラッセルが年次指数調整を行うため、成長株への大型ハイテク銘柄のウエート変更への思惑が市場を左右するとみられている。リバランスを控えて、アップルへの見直しが強まる可能性があり、これが他のハイテク株への物色に向かわせる可能性がありそうだ。また、米FRBがドッド・フランク法に基づくストレステストの結果を発表する。金融セクターへのアク抜けが期待される。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below