Reuters logo
今日の為替市場ポイント:米長期金利伸び悩みでリスク選好のドル買い抑制も
2017年6月22日 / 23:53 / 3ヶ月前

今日の為替市場ポイント:米長期金利伸び悩みでリスク選好のドル買い抑制も


*08:47JST 今日の為替市場ポイント:米長期金利伸び悩みでリスク選好のドル買い抑制も
22日のドル・円相場は、東京市場では111円43銭から110円95銭で推移。欧米市場でドル・円は111円00銭まで下げた後に111円45銭まで反発し、111円32銭で取引を終えた。

本日23日のドル・円は主に111円台前半で推移か。NY原油先物は反発したが、米長期金利は伸び悩んでおり、リスク選好的なドル買いは引き続き抑制される可能性がある。

米共和党上院指導部は22日、医療保険制度改革(オバマケア)の改廃案を公表した。報道によると、富裕層向けの課税を撤廃し、貧困層向けの支援を削減する。下院で可決された法案内容が基になっているが、上院案ではオバマケアの原資となっていた富裕層向けの純投資所得税廃止や、メディケイド(低所得者向け公的医療保険)拡大を2021年から2024年までの期間で段階的に縮小し、2025年以降は下院案を上回る削減が実施される。

共和党上院指導部が発表した改廃案に対する評価はまちまちとなっているようだ。共和党保守派の議員4名は改廃案に賛成しない意向を示したと報じられた。保守派以外の一部議員も同調する可能性があるとみられているが、3名以上の共和党議員が反対票を投じた場合、改廃案は否決されるとみられており、この場合はリスク回避のドル売りが広がる可能性があるとみられている。


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below