Reuters logo
金融上昇よりもハイテクの利食いがセンチメントに影響か【クロージング】
2017年6月28日 / 07:34 / 4ヶ月前

金融上昇よりもハイテクの利食いがセンチメントに影響か【クロージング】


*16:25JST 金融上昇よりもハイテクの利食いがセンチメントに影響か【クロージング】
28日の日経平均は4営業日ぶりに反落。94.68円安の20130.41円(出来高概算19億2000万株)で取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が大規模緩和を縮小する可能性を示唆したとの見方からユーロ買いが広がった。米国では予想を上回る経済指標等の影響もあって長期金利が上昇。原油相場の上昇も材料視された。

米国市場の流れからハイテク株には売りが先行するものの、長期金利上昇や円安、原油高等を受けて、銀行や鉄鋼、鉱業、卸売などに資金がシフトする格好となった。ただし、これまで相場をけん引していた任天堂7974も利食いに押されるなか、中小型のゲーム株なども利益確定の流れが強まっている。

日経平均は狭いレンジ内での取引が続いている。ハイテクが利食いに押される一方で、金融や自動車、素材関連の上昇によってリバランスが進む格好である。ただし、さすがにハイテクが利食いに向かう格好となると、個人のセンチメントに影響を与えるようである。全体の底堅さが意識されてはいるが、中小型株の利食いにつながってしまっている面はありそうだ。

とはいえ、日経平均が高値圏に位置するなか、相対的に出遅れているセクターなどへの資金シフトは想定内であろう。中小型株についても、やや出遅れている銘柄や調整一巡感のある銘柄へシフトしてくる可能性はありそう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below