Reuters logo
欧米為替見通し:ドル・円は上値の重い展開か、ユーロの値動きを注視
2017年6月28日 / 08:29 / 3ヶ月前

欧米為替見通し:ドル・円は上値の重い展開か、ユーロの値動きを注視


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は上値の重い展開か、ユーロの値動きを注視
今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い値動きを予想したい。ユーロ・円の上昇基調にけん引され、ドル・円は買いが入りやすい見通し。ただ、ユーロ・円の利益確定売りも見込まれ、ドルの上昇を押さえる可能性もあろう。

前日の海外市場では、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がユーロ圏の景気回復に言及し、「デフレ圧力はリフレに変わった」などと発言したことがユーロ買いのきっかけとなった。ある市場筋は、ドラギ総裁の見解について「必ずしもタカ派寄りのコメントではないが、これまでのハト派寄りの発言とは違う内容となったことで、ユーロ買いに反応した」と指摘する。これを受け、ユーロ・ドルが上値抵抗ラインとして意識されていた1.13ドルを上抜けたことでユーロ・円が上昇し、クロス円やドル・円を押し上げた。ドル・円はNY市場で一時112円47銭まで値を切り上げた。

今晩は月末のフローが見込まれており、前日同様にユーロに資金が流入する可能性があろう。本日まで開催のECBフォーラムでは日銀の黒田東彦総裁の発言機会があり、「異次元緩和」維持の方針が示されれば、金利差を意識した取引となって円売りが再開しそうだ。
ただ、ユーロ・円は急激な上昇で昨年4月以来の高水準に達していることで、利益確定売りが出る可能性があり、ドル・円の重石となろう。また、米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の採決延期で、トランプ政策の遅れを懸念したドル売りも見込まれる。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・17:00 ユーロ圏・5月マネーサプライ(前年比予想:+5.0%、4月:+4.9%)
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:+0.6%)
・21:30 米・5月卸売在庫(前月比予想:+0.2%、4月:-0.5%)
・23:00 米・5月中古住宅販売成約指数(前月比予想:+1.0%、4月:-1.3%)
・02:00 米財務省7年債入札(280億ドル)
・欧州中央銀行(ECB)フォーラム(28日まで、英中銀、日銀、カナダ中銀各総裁らが参加)


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below