Reuters logo
NY株式:ダウ167ドル安、ハイテクセクターに売りが広がる
2017年6月29日 / 22:26 / 3ヶ月前

NY株式:ダウ167ドル安、ハイテクセクターに売りが広がる


*07:21JST NY株式:ダウ167ドル安、ハイテクセクターに売りが広がる
29日の米国株式相場は下落。ダウ平均は167.58ドル安の21287.03、ナスダックは90.06ポイント安の6144.35で取引を終了した。朝方は、米連邦準備制度理事会(FRB)によるストレステスト(健全性審査)で大手銀行すべてが合格したことで金融株を中心に上昇したものの、ハイテク株の売りが上げ幅を打ち消し、軟調推移となった。1-3月期GDP確定値が予想を上回ったものの、相場への影響は限られた。セクター別では、銀行や自動車・自動車部品が上昇する一方で半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが下落した。

FRBによる資本計画の承認を受けて、自社株買いや増配を発表したシティグループ(C)、バンク・オブ・アメリカ(BAC)、ウェルズ・ファーゴ(WFC)などの大手金融株が上昇。ドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンス(WBA)は同業ライト・エイド(RAD)の買収を断念し、買われた。一方で、家具小売のピア・ワン・インポーツ(PIR)は決算内容が嫌気され、下落。主要ハイテク株であるアップル(AAPL)、アマゾン(AMZN)、マイクロソフト(MSFT)、アルファベット(GOOGL)は、四半期末でポジション調整や利益確定と思しき売りが広がった。

本日、ニューヨーク証券取引所に上場した食材宅配サービス新興企業のブルーエプロン(APRN)は、公開価格の10ドルを僅かに上回り、初日の取引を終えた。



Horiko Capital Management LLC






《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below