Reuters logo
今週の【JASDAQ市場】6月26日~30日『先週末から反発で年初来高値更新も流れ続かず、利益確定売り強まる』
2017年7月2日 / 03:10 / 3ヶ月前

今週の【JASDAQ市場】6月26日~30日『先週末から反発で年初来高値更新も流れ続かず、利益確定売り強まる』


*12:07JST 今週の【JASDAQ市場】6月26日~30日『先週末から反発で年初来高値更新も流れ続かず、利益確定売り強まる』
【反発、物色は中小型株に】26日(月)

■概況■3259.57、+16.60
26日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20は揃って反発となった。値上がり数は418、値下がり数は217、変わらずは68。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。株主総会シーズンで機関投資家が動きづらく、大型株が冴えないなか、物色が中小型株に向かったことで、前場はじりじりと上げ幅を広げた。しかし、後場には3260円付近でもみ合う展開となった。

◆注目銘柄◆
デジタルアドベンチャー4772が上昇率トップ。フォーサイド2330は、日本国内での「アリペイ」拡大による思惑買いが継続。パスポート7577、SDエンター4650、ぱど4833などRIZAPグループ2928の子会社にも物色が向かい、軒並み年初来高値を更新。日本サード2488は、LINE3938が提供する法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」の販売・運用パートナー契約の締結を行ったことが材料視された。BBタワー3776は、子会社株式の譲渡で17年6月期純利益見通しを上方修正、また期末配当予想を1株当たり1.00円から6.00円に増額したことが好感された。ブロッコリー2706は、年初来高値を更新。KLab3656と共同開発しているスマホ向けゲーム「うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live」のKLabによる配信が17年夏に決定したと発表したことで関心が高まった。その他、トレイダーズ8704、ANAP3189、システムディ3804、鈴茂器工6405などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------


【続伸、レカムは中国子会社の上場期待が高まる】27日(火)

■概況■3273.22、+13.65
27日(火)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Indexは続伸、JASDAQ-TOP20は反落となった。値上がり数は350、値下がり数は256、変わらずは93。為替が円安方向に振れていたことなどを追い風に、日経平均は買い先行でスタート。JASDAQ平均も同様の流れで買い先行で取引を開始した。JASDAQ平均はその後もじりじりと上げ幅を広げる展開となり、年初来高値を更新している。

◆注目銘柄◆
レカム3323がストップ高で上昇率トップ。中国子会社の会社形態変更で上場期待が高まったもよう。やまねメディカ2144は17年3月期決算で債務超過を解消したことで、上場廃止に係る猶予期間銘柄から解除されたことが材料視された。NaITO7624は、18年2月期の第1四半期決算を発表。営業利益が前年同期比61.8%増で着地したことが好感されたようだ。プロパティエージェント3464は、1株につき2株の割合で株式分割を実施すると発表したことで年初来高値を更新。シンデンハイテ3131は、半導体検査装置の大口受注を発表している。18年3月期の売上高見通しに含まれていない案件であったことから、業績期待が高まった。その他、オールアバウト2454、トレイダーズ8704、五洋インテックス7519、オーネックス5987などが上昇率上位にランクイン。

--------------------------------------


【反落、利食いが強まるなかテーマ株などには関心も】28日(水)

■概況■3238.12、-35.10
28日(水)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Indexは反落、JASDAQ-TOP20は続落となった。値上がり数は191、値下がり数は448、変わらずは48。JASDAQ平均は売り先行で取引を開始。11時ごろから一段安の展開で、終日下げ幅を広げる展開となった。

◆注目銘柄◆
岡本硝子7746が一時ストップ高で上昇率トップ。低位株物色の流れで買われた他、「窓ガラス発電」に注目する向きもあったようだ。トレイダーズ8704は、仮想通貨関連として引き続き関心継続。ウクライナを中心として欧州やロシアで6月27日、大規模なサイバー攻撃が起きたと報じられたことで、アクモス6888やテリロジー3356などサイバーセキュリティ関連の一角にも物色が向かった。また、RIZAPグループ2928が連日で上場来高値を更新したこともあり、ぱど4833などグループ各社にも資金が向かう展開となった。また、厚生労働省ががんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる一括検査を保険診療で行えるようにする方針を固めたと伝わったことで、テラ2191など関連とされる銘柄に関心が向かった。ハピネス&D3174は年初来高値を更新。17年8月期業績予想の大幅な上方修正が買い材料視された。その他、プラコー6347、NFKホールディングス6494、リバーエレテク6666、レイ4317などが上昇率上位にランクイン。

--------------------------------------


【反発、RIZAP傘下やサイバーセキュリティ関連に関心継続】29日(木)

■概況■3252.36、+14.24
29日(木)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20は揃って反発となった。値上がり数は404、値下がり数は208、変わらずは84。米株高を好感する流れでJASDAQ平均は買い先行で取引を開始、後場も順調に上げ幅を広げる展開となった。


◆注目銘柄◆
パスポート7577がストップ高で上昇率トップ。RIZAPグループ2928が6営業日続伸で連日の上場来高値(株式分割を考慮)を更新したことで、同社の他、ぱど4833、SDエンター4650、イデアインター3140など傘下企業にも物色が広がった。アズジェント4288、テリロジー3356やセキュアヴェイル3042は、前日に欧州などで大規模サイバー攻撃が発生したことを受けて買われたが、新たにインドやフランスでも感染が確認されるなど被害が拡大していることから、サイバーセキュリティ関連銘柄として引き続き物色が継続。グリムス3150は、発表した中期経営計画が好感されたもよう。また、アエリア3758などゲーム関連株の一角には買い戻しの動きも見られた。その他、五洋インテックス7519、ソルガムHD6636、ANAP3189、デジタルアドベンチャー4772などが上昇率上位にランクイン。

--------------------------------------


【小幅反落、押し目買いや買戻しの動きが目立つ】30日(金)

■概況■3251.67、-0.69
30日(金)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20は反落、J-Stock Indexは続伸となった。値上がり数は244、値下がり数は370、変わらずは82。JASDAQ平均は売り先行で取引を開始。ただし、寄り付き直後を安値に売り一巡後は、押し目買いの動きに週末を控えての買戻しの動きも巻き込み、前日終値水準まで値を戻す展開となった。

◆注目銘柄◆
インフォクリエ4769が上昇率トップ。急伸し、15年9月以来の1300円を回復。日本一ソフトウェア3851には、ゲーム株物色の流れで短期資金が向かった。ネクストウェア4814は、引き続きシビラとの提携が期待材料。下げ止まり感から本日は反発狙いの買いも入ったもよう。パスポート7577、イデアインター3140、SDエンター4650、ぱど4833などRIZAPグループ2928の傘下企業には連日物色が向かう展開に。ソレキア9867は、投資有価証券売却益1.75億円を特別利益として計上することとなり、18年3月期の純利益見通しを従来の1.60億円から2.80億円に引き上げたことが材料視された。その他、リーダー電子6867、プラコー6347、やまねメディカ2144、デジタルアドベンチャー4772などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below