Reuters logo
7月の「くりっく365」では 欧州通貨やカナダドルに注目
2017年7月4日 / 03:18 / 3ヶ月前

7月の「くりっく365」では 欧州通貨やカナダドルに注目


*12:13JST 7月の「くりっく365」では 欧州通貨やカナダドルに注目
東京金融取引所(金融取)が手掛ける取引所為替証拠金取引「くりっく365」では、6月の取引数量は前月比8.3%増の240万4152枚。1日の平均取引数量も10万9279枚と前月比で増加したほか、月末時点の証拠金預託額は4433億円と前月比16.5億円増加した。取引通貨量では、米ドル、南アフリカランド、トルコリラの順となっており、南アフリカランドは6ヶ月連続で2位、トルコリラは3ヶ月連続で3位となっている。なお、くりっく365の口座数は80万口座を突破した。

一方、取引所株価指数証拠金取引「くりっく株365」では、6月の取引数量は前月比13.5%増の65万0150枚。1日の平均取引数量も2万9587枚と前月比では増加したほか、月末時点の証拠金預託額は511億円と前月比では31億円増加した。くりっく株365の月末時点の口座数及び証拠金残高は過去最高を更新しており、証拠金残高は500億円を超えている。

6月は、イングランド中央銀行や欧州中央銀行(ECB)、カナダ中央銀行が、早期利上げ観測及び緩和縮小の可能性を示唆したことから欧州通貨やカナダドルが上昇する場面が見られた。一方、米ドルはFOMCで追加の金利引き上げが実施されたものの、年内の利上げ実施への不透明感から買い手控えムードが強まった。なお、株式市場では、日経平均が年初来高値を更新したものの、高値圏でもみ合うなどやや手がけにくい格好となった。

7月は例年通りであれば、徐々に夏枯れ相場が意識されて売買は細る傾向にある。材料難の地合いとなり日本株は方向感に乏しい展開となる可能性がある。一方、上記にも述べたとおり、動きのある通貨は注目したいところだ。12日にはカナダ中央銀行が政策会合を開催するほか、イングランド中央銀行は12-13日、ECBは20日にそれぞれ会合が開催される。各中銀はまだ可能性を示唆しただけのため、今回の会合で一気に政策金利を動かすことはないと見るが、各中銀総裁がどのようなコメントを発するか注目されよう。次回会合につながるコメントとなれば積極的な売買が入る可能性もあることから、関心を高めておきたい。

(写真提供:東京金融取引所)


《MT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below