Reuters logo
欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米年内再利上げ観測継続
2017年7月4日 / 08:29 / 3ヶ月前

欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米年内再利上げ観測継続


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米年内再利上げ観測継続
今日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想したい。米国市場が独立記念日で休場のため薄商いのなか、北朝鮮をめぐる地政学リスクなどで欧州株が弱含めば、リスク選好の円買いに振れる見通し。ただ、前日発表された米経済指標が堅調となったことで、米連邦準備制度理事会(FRB)の年内再利上げ観測がドルをサポートしそうだ。

北朝鮮は本日午前、弾道ミサイル1発を打ち上げ、日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。米軍は現時点で中距離弾道弾と分析。北朝鮮はその後、「重大発表」を予告し、「ICBMの実験成功」と表明している。ミサイル発射を受けて、トランプ米大統領はツイッターに「中国が北朝鮮に重大な動きをし、この馬鹿げたことをきっぱりと終わらせるだろう」と投稿したが、解決策は不透明で、リスク回避的な円買いに振れやすい地合いとなりそうだ。

また、豪準備銀行は本日開催の理事会で、現行の金融政策の維持を決定。政策金利の据え置きは予想通りだが、声明は前回とほとんど変わらず中立的で、利上げ示唆への警戒感が後退して豪ドル売りが強まった。それもドル・円やクロス円を押し下げる一因となっているようだ。ドル・円はアジア市場では113円を割り込んだ。

ただ、円買い一巡後は、ドルは下げ渋るだろう。前日発表された米国の6月ISM製造業景況指数は57.8と、予想の55.3(5月は54.9)を大幅に上回り、2014年以来の高水準を記録。新規受注指数や生産指数、雇用指数など項目別でも大幅に改善しており、製造業の成長持続が示された。強いISM製造業指数を受け、ドル・円は前日NY市場で113円40銭台まで上昇。FRBによる年内再利上げ観測は継続し、下落局面でもドルを下支えするだろう。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・17:30 英・6月建設業PMI(予想:55.0、5月:56.0)
・18:00 ユーロ圏・5月生産者物価指数(前年比予想:+3.5%、4月:+4.3%)
・米国市場は休場(独立記念日)


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below