Reuters logo
マザーズ先物見通し:25日線が支持線として機能するか、地合いはこう着続く
2017年7月4日 / 23:30 / 3ヶ月前

マザーズ先物見通し:25日線が支持線として機能するか、地合いはこう着続く


*08:25JST マザーズ先物見通し:25日線が支持線として機能するか、地合いはこう着続く
5日のマザーズ先物は25日線が支持線として機能するかが焦点となってくる。4日の米国株式市場は独立記念日のため休場となっており、また欧州市場は全般軟調となるなか、こう着感の強い相場展開が続きそうである。北朝鮮による大陸弾道ミサイル発射報道を受けた地政学リスクの高まりによって上値は抑えられよう。一方で、相場のこう着感が強まってくると、足元でマザーズ先物は25日線水準まで下落している分、同水準を支持線としてリバウンドを試す展開も見込まれる。ゲーム株が全般軟調となるなかで、材料のあるバイオ関連などの直近で強い動きを見せている銘柄には引き続き関心が向うだろう。本日のマザーズ先物の上値メドは1180pt、下値メドは1130ptとする。

個別では、オンコリス4588が、がんの体外検査薬として開発を進めているOBP-1101に関する特許が米国における登録を受けており、足元で続くバイオ関連の一角に対する物色が継続する材料となるかが注目される。



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below