Reuters logo
ビットコインは「4000ドル近くまで上昇」、ゴールドマン・サックスの市場予想
2017年7月5日 / 07:45 / 3ヶ月前

ビットコインは「4000ドル近くまで上昇」、ゴールドマン・サックスの市場予想


*16:40JST ビットコインは「4000ドル近くまで上昇」、ゴールドマン・サックスの市場予想
2017年に入り、ビットコイン(Bitcoin)価格は急騰している。1月1日に11万5,100円でスタートしたビットコイン/日本円(BTC/JPY)は5月中旬には34万5,065円の過去最高値に達し、年初から約3倍の上昇を見せた(フィスコ3807傘下のフィスコ仮想通貨取引所チャート)。ビットコイン/米ドルも同様に、1月初頭に1,000米ドルに到達後、6月中旬に3,000米ドルを超えて過去最高値を達成した(Coin Market Capより)。

ゴールドマン・サックスのテクニカル戦略部長Sheba Jafari 氏は先週末、ビットコイン/米ドル市場は長期的にはまだ上昇トレンド内とする分析を顧客に送っているとBusiness Insiderで報じられた。分析の中では足元のビットコイン市場をテクニカル理論のひとつであるエリオット波動の「第4波の調整場面」と捉え、一度大きく下落したとしても「1,857米ドルを大きくは下回らないだろう」とし、この後に続く第5波では「最小で3,212米ドル、最大で3,915米ドルまで上昇するポテンシャル」を持つと見ている(Business Insider”GOLDMAN SACHS: Bitcoin could see a big drop then surge to almost $4,000”参照)。

ビットコインがどこまで高値を更新するのかを予測する上でこうしたテクニカルな視点は興味深いが、今月末にはビットコインの価格のみならず将来を左右する重要なイベントが控えている。7月下旬から8月1日にかけて、技術的な仕様変更の適用が複数予定されているのだ。この仕様変更には主張が異なる複数の派閥が存在するため、一時ネットワークが不安定になる可能性や、深刻なケースではビットコインが複数の種類に分裂する可能性がある。価格も動向によっては大きく変動することが予想される。

取引所やコミュニティでは同期間の取引や送金を控えること、自身のウォレットに保管するなどして状況が明確になるまで動向を注視することを呼び掛けており、こうしたファンダメンタルズがビットコイン価格や仮想通貨市場にどう影響するかも注意が必要だ。


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below