Reuters logo
乱高下をみせつつも中小型株での循環物色か【クロージング】
2017年7月5日 / 07:45 / 2ヶ月前

乱高下をみせつつも中小型株での循環物色か【クロージング】


*16:41JST 乱高下をみせつつも中小型株での循環物色か【クロージング】
5日の日経平均は反発。49.28円高の20081.63円(出来高概算17億9000万株)で取引を終えた。4日の米国市場は独立記念日の祝日で休場だったため、海外勢のフローは限られるなか、欧州市場の弱い流れもあり、小幅に売りが先行した。その後は節目の2万円処での攻防が続くなか、北朝鮮に関する報道を受けて、2万円を割り込む展開となった。

しかし、後場に入ると日銀のETF買い入れへの思惑等もあってか、引き続き2万円処での底堅さが意識される格好となり、結局は小幅に上昇して取引を終えている。セクターでは鉄鋼、非鉄金属、機械、輸送用機器、金属、ゴム製品がしっかり。半面、不動産、鉱業、陸運、医薬品が小安く推移している。

日経平均は引き続き2万円の攻防となった。強気派からみれば底堅さが意識されている状況であり、弱気派からみれば、商いはリバランスが中心であるため、手掛けづらさが意識される。テクニカル面では中期トレンドでは強気形状であるが、短期的には底堅さが意識されるものの、いくつかのテクニカル指標で陰転シグナル発生が近づいている。もち合いを上放れてくれば解消されるが、強気にはなりづらいところであろう。

また、物色の流れもリバランスのほか、中小型株については強い銘柄に資金が集中する流れが目立ってきている。一方で資金の逃げ足も速く、明確な柱が必要であろう。とはいえ、日経平均が2万円での底堅さが意識されるようであれば、乱高下をみせつつも中小型株のほか、低位材料株や東証2部銘柄辺りでの循環物色が続きそうである。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below