Reuters logo
引き続きこう着のなか、中小型株物色が続く【クロージング】
2017年7月13日 / 07:23 / 2ヶ月前

引き続きこう着のなか、中小型株物色が続く【クロージング】


*16:18JST 引き続きこう着のなか、中小型株物色が続く【クロージング】
13日の日経平均は小反発。1.43円高の20099.81円(出来高概算17億3000万株)で取引を終えた。12日の米国市場は原油相場の上昇のほか、イエレンFRB議長証言を受けた追加利上げ観測の後退が材料視され、NYダウは120ドル超の上昇となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比80円高の20140円となり、これにさや寄せする格好から買いが先行。しかし、利上げ観測の後退からやや円高に振れて推移するなか、日経平均は寄付き直後の20183.80円を高値に上げ幅を縮めており、一時下げに転じる場面もみられた。

指数インパクトの大きいところでは、東エレク8035、中外薬4519、ソフトバンクG9984が下支えとなる半面、決算発表を控えているファーストリテ9983が重石となった。こう着感の強まるなか、物色は個人主体の中小型株に集中する流れとなっている。売買代金ではエンシュウ6218、KLab3656、ソウルドアウト6553、ユナイテッド2497が上位に顔を出している。値上り率上位についても新興市場の中小型株が中心であり、引き続きこれら銘柄に資金が向かいやすいだろう。ただし、個人主体で資金の逃げ足も速く、過熱警戒感も高まる中で値動きは荒くなりそうだ。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below