Reuters logo
マザーズ先物概況:小幅反発、連休前の調整後は押し目買いが入る
2017年7月14日 / 09:49 / 2ヶ月前

マザーズ先物概況:小幅反発、連休前の調整後は押し目買いが入る


*18:45JST マザーズ先物概況:小幅反発、連休前の調整後は押し目買いが入る
14日のマザーズ先物は小幅に反発。2pt高の1154ptで取引を終えた。高値は1161pt、安値は1149pt。出来高は385枚。前日比小幅高でスタートした直後は強い動きがみられた。しかし、国内の3連休を控えたポジション調整による225先物などの利食い売りの流れを受け、資金の逃げ足の早さからマザーズ先物も弱含んだ。一方で、個人の押し目買い意欲は依然として強く、引けにかけて値を戻す展開となった。

個別では、マザーズ時価総額上位のそーせい4565やミクシィ2121が弱い動きとなり、投資家心理を悪化させた。一方で、直近IPO銘柄であるソウルドアウト6553は20%超の上昇となり、値動きの軽さを好む個人の物色が向かう格好となった。




《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below