Reuters logo
デリカフーズ Research Memo(3):カット野菜の需要は人材不足の景況もあり上昇傾向
2014年7月11日 / 02:24 / 3年前

デリカフーズ Research Memo(3):カット野菜の需要は人材不足の景況もあり上昇傾向


*18:20JST デリカフーズ Research Memo(3):カット野菜の需要は人材不足の景況もあり上昇傾向

■事業概要

(2)部門別、業態別売上高

同社3392の2014年3月期の部門別売上高構成比はホール野菜が53.2%、カット野菜が34.9%、その他が11.8%となっており、カット野菜の占める比率が上昇傾向にある。スーパーやコンビニエンスストアのほか、最近では人材不足の影響もあり外食業界でも需要が伸びていることが背景だ。また、カット野菜の工場として2013年7月に東京第二FSセンターを稼働させた効果もある。部門別の収益性に関しては、顧客ごと、発注量ごとに販売単価が変わってくるため、特に偏りはない。

業態別売上構成比では、ファミリーレストランが55.4%と最も高く、次いでファーストフード14.2%、居酒屋10.5%といった順で、外食産業向けが全体の84.3%、中食産業向けが15.7%といった構成になっている。主な顧客としてはモスバーガー(モスフードサービス8153)、日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFCホールディングス9873)、SUBWAY、デニーズ(セブン&アイ・ホールディングス3382)、ロイヤルホスト(ロイヤルホールディングス8179)、すかいらーく、ワタミ7522、庄屋、サークルKサンクスベンダー、セブンイレブンベンダー、オリジン弁当等がある。配送先は全国で約10,000店舗程度あり、青果物専業の流通企業としては業界で最大規模となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below