Reuters logo
マネパG Research Memo(3):「外貨ポジション」「証拠金取引」がFX取引の特色
2014年7月14日 / 17:28 / 3年前

マネパG Research Memo(3):「外貨ポジション」「証拠金取引」がFX取引の特色


*17:27JST マネパG Research Memo(3):「外貨ポジション」「証拠金取引」がFX取引の特色
■会社概要

(2)FX取引とは

マネーパートナーズグループ8732の事業モデルを理解する前に、まず「外国為替証拠金取引(以下、FX取引)」とはどのようなものかを理解する必要があるだろう。外国為替取引とは、読んで字のごとく「外国為替」、つまり「外貨を買ったり売ったりする(交換する)」ことである。例えば円を売り(円を支払い)、ドルを買う(ドルを受け取る)といった場合だが、もちろんドル以外の通貨(ユーロ等)との取引も可能であり、その他の通貨間(例えばドルとユーロ)の取引も可能である。

現在でも、海外旅行をする際などには多くの人が銀行の窓口でドルやユーロなどの外貨を取得しているが、この場合の外国為替取引(以下、外為取引)とFX取引はどこが異なるのだろうか。

まず、外為取引で取得する「外貨」が購買力を持っているのに対して、FX取引で取得する「外貨ポジション」には購買力はない。前者は手数料さえ払えば、銀行や企業などへの外貨送金、物品購入、あるいは現金(紙幣)での引き出しが可能だが、FX取引で保有しているのは「外貨ポジション」なので、外貨での直接送金や物品購入はできない。つまり、「購買力」はない。また、保有している外貨ポジションは取引を行ったFX業者内でのみ管理されるため、その他業者へのポジション移管はできない。株式取引において、現物の株式は別の証券会社の口座へ移管が可能だが、信用取引や株価指数先物取引のポジションは移管できないのと同様である。

したがってFX取引では、一般的には取得した外貨ポジションはそのまま保有し続けるか、あるいは現金に換える場合に反対売買(差金決済)を行い、円で引き出す必要がある。つまり、「現引き」はできないのだ。ただ、同社は外貨ポジションを「現引き」して銀行預金口座に手数料無料で送金するサービスを提供しており、さらに近年、外貨ポジションを保有する顧客が希望すれば主要な空港(成田、関空等)で外貨ポジションの一部を現金で受け取ることのできるサービスを開始した(詳細は後述)。

外為取引とFX取引のもう1つの大きな相違点は、「証拠金取引」であるという点だ。通常の外為取引では、取得しようとする外貨と同等の円貨を支払う必要がある。例えば、レートが1ドル=100円の時に1万ドルを取得しようとすると、100万円を支払う必要がある。これに対してFX取引では、一定の証拠金を預託すれば、満額の取引が可能だ。例えば、証拠金率10%の場合、10万円の証拠金を預託するだけで1万ドルのポジション取得(1ドル100円の場合、100万円相当の取引)が可能になる。あるいは100万円全額を証拠金とすれば、10万ドルまでの取引が可能になる。これを「レバレッジ(てこ)効果」と呼ぶ。現在では、このレバレッジは法律で最大25倍までに規制されている。

もう1つFX取引で留意すべき点は、取引が大部分で「相対取引」となっている点だ。この点は外為取引も同様で、一般的な株式取引(市場に集中する取引)とは異なる。例えば、東京証券取引所での株売買は、投資家の売り・買い注文を市場に集中して価格形成を行うオークション方式だが、FX取引では個々の業者ごとに価格形成が行われる。通常は顧客の注文に対して業者が応じる、つまり「マーケットメイク」することで価格が形成されている。したがって、同じ時刻であってもX業者とA顧客で成立する価格と、Y業者とB顧客で成立する価格が異なる場合も多々ある。つまり「一物多価」があり得る。


(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島昇)


《NT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below