Reuters logo
マネパG Research Memo(9):低水準の営業収益でも利益を出せる体質に変化へ
2014年7月14日 / 17:33 / 3年前

マネパG Research Memo(9):低水準の営業収益でも利益を出せる体質に変化へ


*17:32JST マネパG Research Memo(9):低水準の営業収益でも利益を出せる体質に変化へ
■決算動向

(3)2015年3月期の見通し

マネーパートナーズグループ8732の収益は相場動向や市場流動性などのマーケット環境などによって大きく変わってくるため、予想を行うことが困難であり、業績予想を発表していない(この点は証券会社と同様である)。

ただ、業績予想の代替として、業績に大きく影響を与える主要指標を月次で公表している。2014年6月(速報値)までの状況を見ると、顧客口座数は順調に増加しているが、外国為替取引高が減少しており、これに伴って月次の営業収益も低下傾向にある。ただ、同社では、後述するように昨年度から体質改善(コスト削減)を進めており、以前に比べれば低水準の営業収益でも利益が出る体質になってきている。現在のように外国為替取引高が少ない環境のなかで、どの程度の利益を計上できるのか、第1四半期(2014年4-6月期)の業績に注目する必要があるだろう。


(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島昇)


《NT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below