Reuters logo
明豊ファシリティワークス Research Memo(10):社会インフラ関連の需要などでCM受注は拡大へ
2014年7月14日 / 17:58 / 3年後

明豊ファシリティワークス Research Memo(10):社会インフラ関連の需要などでCM受注は拡大へ


*17:55JST 明豊ファシリティワークス Research Memo(10):社会インフラ関連の需要などでCM受注は拡大へ
■市場動向と成長戦略

(1)建設市場動向

国内の建設受注動向については、2013年末以降、一進一退の状況が続いている。震災復興需要や東京オリンピック関連需要など総じて需要は旺盛であるものの、建設作業員の不足によるや建築コストの上昇によって、大手ゼネコンで選別受注の動きが出ており、民間マンションなどに関しては前年比2ケタ減と落ち込んでいる。

とは言え、地方公共団体や教育・医療機関など社会インフラに関わる部分の需要は旺盛で、こうした分野では建築コストの上昇によって、今まで以上に明豊ファシリティワークス1717のCM事業に対するニーズが強まってくると弊社ではみている。実際、全国に300ほどある市立病院で建物の老朽化が問題となっているが、前年に実施した入札ではほとんどが不調に終わった。前述したように、公共工事品質確保促進法の改正もあり、CM事業者の認知度が向上することで、同社の受注も拡大していくことが予想される。


(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤譲)


《NT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below