Reuters logo
明豊ファシリティワークス Research Memo(12):成長ポテンシャルを考慮すれば株価に評価余地
2014年7月14日 / 17:58 / 3年前

明豊ファシリティワークス Research Memo(12):成長ポテンシャルを考慮すれば株価に評価余地


*17:56JST 明豊ファシリティワークス Research Memo(12):成長ポテンシャルを考慮すれば株価に評価余地
■同業他社比較と株主還元策

CM事業を専業に手掛けている上場企業は明豊ファシリティワークス1717以外になく、同業他社比較はできないが、関連する業種における類似企業の比較として、商業施設ディスプレイの企画・施工事業を展開する乃村工藝社9716など4社を取り上げた。

株価指標において、5社単純平均値との比較では実績PBRで若干割高感があるものの、予想PERや配当利回りではほぼ平均並み、予想ROEに関しては平均以上の水準となっている。前述したように2015年3月期の業績は会社計画を上回る可能性があり、また、CM事業における圧倒的な実績やブランド力、今後の成長ポテンシャルを考慮すれば、なお評価余地はあると考えられる。

一方、株主還元策は配当金での還元を基本としており、将来の事業展開に備えた内部留保を確保しつつ、安定的かつ継続的な利益還元を実施する方針としている。配当性向の水準は30%を目安としており、今期業績が会社計画を上回れば、連続増配の可能性もあると弊社ではみている。


(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤譲)


《NT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below