Reuters logo
■田代昌之の銘柄選定:日銀会合終了後の黒田総裁の記者会見に注目
2014年10月6日 / 17:18 / 3年前

■田代昌之の銘柄選定:日銀会合終了後の黒田総裁の記者会見に注目


*17:14JST ■田代昌之の銘柄選定:日銀会合終了後の黒田総裁の記者会見に注目
FISCOアプリの「トップ」画面の下にある「イベントスケジュールを見る」をタッチすると、今週予定されている経済関連のスケジュールが一覧で見ることができます。日本国内だけではなく、海外のイベントも多数含まれています。

フィスコアナリストの田代昌之は、「10月7日の日銀会合終了後に予定されている黒田日銀総裁の記者会見」に注目しています。その背景として「足元の景気指標の悪化に対して、これまで強気姿勢を通してきた黒田総裁のコメントがやや弱気に傾く可能性がある。となれば、足元下落基調が鮮明な不動産株に見直しが入るかもしれない。」とコメントしています。

さらに「不動産株は、アベノミクス相場スタート時に最も上昇したセクター。このセクターが再度動きだすタイミングをアベノミクス第2幕スタートと見ることもできよう。そういった意味合いから、今週は不動産株、とりわけ、連日で年初来安値を更新している住友不動産8830の動向を注目したい。」と述べています。FISCOアプリでは、画面上部の検索窓に「不動産」と入力して検索すれば、東京建物不動産販売3225、野村不動産3231、東急不動産3289、三井不動産8801など、不動産の関連銘柄をチェックすることができます。ぜひFISCOアプリでチェックしてみてください。

新・最強の企業分析アプリ「FISCO」無料配信中
(iPhone/Androidに対応)


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below