Reuters logo
北の達人 Research Memo(2):体の悩みのサポートに特化した商品の開発及び販売が主力
2015年5月22日 / 08:43 / 2年前

北の達人 Research Memo(2):体の悩みのサポートに特化した商品の開発及び販売が主力


*17:35JST 北の達人 Research Memo(2):体の悩みのサポートに特化した商品の開発及び販売が主力
■事業概要

(1)事業内容

北の達人コーポレーション2930は、インターネットにて一般消費者向けに健康食品や化粧品を販売するeコマース事業を展開している。北海道を拠点としたオリジナルブランド「北の快適工房」にて、便秘やアトピー、ニキビなど、体の悩みのサポートに特化した商品の開発及び販売を主力とし、特にオリゴ糖を原料とする「カイテキオリゴ」がヒット商品となったことが同社の成長をけん引してきた。最近では、「みんなの肌潤糖シリーズ」や「二十年ほいっぷ」が新たな収益の柱として同社の成長スピードを高めている。

事業セグメントは、eコマース事業の単一である。北海道産の甜菜などを主原料として複数種のオリゴ糖を配合した高純度・高品質の(便秘に効く)健康食品である「カイテキオリゴ」のほか、北海道産のてん菜から作られた砂糖を主原料とした保湿ケア商品である「みんなの肌潤糖シリーズ」、直火釜練り製法という独自製法を用い、保湿成分であるホエイを原料に加えたくすみ用の洗顔料である「二十年ほいっぷ」など、11種類の商品を取り扱っている。

商品別の売上高構成比率では、「カイテキオリゴ」が約43%、「みんなの肌潤糖シリーズ」が約31%、「二十年ほいっぷ」が約11%となっており、上位3商品で約85%を占めている。依然は「カイテキオリゴ」への依存度の高さが課題となっていたが、この数年はその状況が徐々に解消される傾向にある。

グループ会社には、2013年6月に設立した(株)オーダーコスメジャパンがあるが、現時点で重要性に乏しいことから連結対象とはなっていない。また、商品の製造については、OEM先に対する製造委託が中心であるため生産拠点は有していない。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below