Reuters logo
アドベンチャー---「民泊事業」へ参入、航空券予約の周辺分野へ事業領域を拡大
2015年11月18日 / 06:38 / 2年前

アドベンチャー---「民泊事業」へ参入、航空券予約の周辺分野へ事業領域を拡大


*15:34JST アドベンチャー---「民泊事業」へ参入、航空券予約の周辺分野へ事業領域を拡大
アドベンチャー6030は11月18日、一般住宅の空き家を宿泊施設として活用する「民泊事業」へ参入すると発表した。

訪日外国人の増加に伴い、羽田空港に近い大田区など、交通の便が良い地域や観光地ではホテル・旅館の客室稼働率が高い状態が続いており、さらに現在政府が見込んでいる今後の訪日外国人数の傾向に鑑みると圧倒的に宿泊施設が足りない状況に直面することが想定される。

訪日外国人向けサービスを拡充している同社では、そういった日本の宿泊施設不足の状況を見込み、外国では個人宅やマンションの空き部屋を宿泊施設として営業するといったような民泊事業が既に拡大している「シェアリング・エコノミー」の分野に新規参入することを決定した。既に民泊解禁を進めている東京都大田区や、大阪府といった地域からサービスを開始する考え。

同社では運営する18言語対応の航空券予約サイト「skyticket」への導線確保として、Booking.com B.V.(本社:オランダ)が運営するブッキング・ドットコムの宿泊施設予約システムとの連携、ヤフーが運営する旅行総合情報サイト「Yahoo!トラベル」へ情報提供開始を発表しており、旅行メディアへの出資をするなど、航空券予約サービスの周辺分野に対して事業拡大を積極化している。


《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below