Reuters logo
アジュバン Research Memo(4):営業体制を見直し、有力サロンや代理店へのカバーを充実
2015年11月25日 / 07:14 / 2年前

アジュバン Research Memo(4):営業体制を見直し、有力サロンや代理店へのカバーを充実


*16:04JST アジュバン Research Memo(4):営業体制を見直し、有力サロンや代理店へのカバーを充実
■業績の推移

(3)営業体制強化

アジュバンコスメジャパン4929が今第2四半期中に取り組んだポイントの1つに営業体制強化がある。これは同社の非正規流通対策の過程で副次的効果とされているが、中長期の成長を考えるうえでは非正規流通と並ぶ重要な施策だと言えよう。

同社は最終消費者への販売拠点として約7,000店のA・C・S登録サロンを抱えている。このうち約1,000店を同社の30名の営業担当者が直接カバーする直販サロンで、残り6,000店を別の30名の営業担当者が代理店を介してカバーする代理店サロンという体制だ。

これまで30名の直販サロンの担当者は、経営に関するコンサルティングや受注は言うまでもないが、商品についても流通倉庫から手持ちで担当サロンに配送していた。その結果、営業担当者の仕事の大部分が配送仕事となり、コンサルティングや商品説明などに十分な時間を割くことができないでいた。今回この点を見直し、配送業務を営業担当者から切り離した。この結果、営業担当者は担当するサロン数を増加させながらもカバーの内容を充実させることに成功し、手のすいた直販サロンの営業担当者を代理店カバーにシフトさせることが可能になる。

直販サロンの営業担当者の仕事の内容も、ロイヤルサロンと呼ぶ有力サロンに特に注力し、そこの売上増加を後押しする姿勢を強める。ロイヤルサロンは全サロンの約20%弱(約1,200店)であるが、このロイヤルサロンが全売上高の80%を稼ぎ出す構造となっている。今回の営業体制強化策は、稼いでくれるサロンにもっと稼いでもらえるようサポートする内容であり、即効性が高いものと弊社では考えている。さらに、代理店をカバーする人員を増やすことの期待も大きい。非正規流通対策で有力代理店を失った直後だけに、代理店網の整備強化は不可欠だからだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below