Reuters logo
DCMホールディングス---今期は増収増益を計画、M&Aによる規模拡大などで勝ち残りを目指す
2016年8月4日 / 23:07 / 1年前

DCMホールディングス---今期は増収増益を計画、M&Aによる規模拡大などで勝ち残りを目指す


*07:59JST DCMホールディングス---今期は増収増益を計画、M&Aによる規模拡大などで勝ち残りを目指す
DCMホールディングス3050はホームセンターで国内トップ。2006年に北海道が地盤のホーマック、東海・北陸が地盤のカーマ、中四国・近畿が地盤のダイキの3社が経営統合して発足した。2016年5月末で国内に614店舗を展開している。

2017年2月期は営業収益が前期比2.2%増の4,472.00億円、営業利益が同4.6%増の193.00億円を計画。会社計画では既存店売上高伸び率を前期比2.9%減、新規出店を25店舗、退店を5店舗と見込んでいる。6月28日に発表した第1四半期決算は営業収益が前年同期比3.9%増の1,174.13億円、営業利益が同17.1%増の69.44億円で着地。4月中旬以降の低温の影響を受け、園芸用品などの季節商品の販売は低調だったものの、採算の良いPB商品の販売が販促強化で好調に推移し、収益に貢献した。また、昨年7月に買収した青森地盤の中堅ホームセンター「サンワドー」の寄与も収益を押し上げた。

同社は総資本経常利益率(ROI)を経営指標としており、中・長期的にROIを10.0%以上に引き上げることを目標にしている。達成に向けて今後は、PB商品の開発強化などによる商品力の強化や、仕入構造改革などによる粗利益率の改善、催事企画などの取り組みによる既存店の強化、継続的なコスト低減活動を推進していく考えだ。また、競争激化の中で勝ち残るため、M&Aを活用した規模拡大も継続。今年4月5日に関東地盤のホームセンター「ケーヨー」と経営統合に向けた協議を始めると発表したほか、6月28日には今年12月1日付で山梨県が地盤のホームセンター「くろがねや」を完全子会社化すると発表した。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below