Reuters logo
CDG---第1四半期は概ね会社計画通りに進捗、今期は将来に向けた費用増で一時的に減益になる見込み。
2016年8月17日 / 01:07 / 1年前

CDG---第1四半期は概ね会社計画通りに進捗、今期は将来に向けた費用増で一時的に減益になる見込み。


*10:01JST CDG---第1四半期は概ね会社計画通りに進捗、今期は将来に向けた費用増で一時的に減益になる見込み。
CDG2487は8月10日に2017年3月期第1四半期(2016年4~6月期)決算を発表。売上高が前年同期比19.8%増の25.32億円、営業利益が同2.4倍の0.76億円、経常利益が同76.2%増の0.66億円、四半期純利益が同21.2%増の0.51億円で着地した。

主力販売先の製薬業界向け売上高が、同業界でプロモーショングッズの取扱いルールが変更された影響を受けて減少。一方、顧客との関係性の深耕を進めた流通・小売業界や、顧客窓口の拡大に注力した自動車業界を筆頭に多くの業種で売上高が増加し、全体としては2割近い増収を確保した。利益面においては、受注案件ごとの採算管理を徹底したことで粗利益率が改善。増収効果も大きく、東京本社の増床に伴う地代家賃の増加などを吸収した。

2017年3月期通期では売上高が前期比3.7%増の110.00億円、営業利益が同20.6%減の5.50億円、経常利益が同18.5%減の5.50億円、当期純利益が同17.2%減の3.57億円を計画。今後の事業拡大に向けた従業員の増員や東京本社の増床などの費用が嵩むため、2017年3月期は一時的に減益になる見通しだ。なお、第1四半期決算は概ね会社計画通りに進捗したもようである。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below