Reuters logo
イージェイHD Research Memo(5):環境・エネルギーなど5つの重点事業分野を掲げ成長戦略を推進
2016年8月17日 / 07:56 / 1年前

イージェイHD Research Memo(5):環境・エネルギーなど5つの重点事業分野を掲げ成長戦略を推進


*16:53JST イージェイHD Research Memo(5):環境・エネルギーなど5つの重点事業分野を掲げ成長戦略を推進
■業績動向

(2)受注状況について

E・Jホールディングス2153は成長戦略の1つとして、重点事業分野に環境・エネルギー、自然災害リスク軽減、都市・地域再生、インフラマネジメント、情報・通信の5つの分野を掲げ、受注拡大に注力している。2016年5月期の受注高で見ると、5分野合計で前期比25.8%増の9,690百万円となり、受注総額に占める比率も42.6%まで上昇するなどけん引役となった。分野別で見ると、インフラマネジメント分野が前期比76.4%増となったほか、環境・エネルギー分野、都市・地域再生分野が同47.0%増とそれぞれ大幅伸長した。一方、自然災害リスク軽減分野については、東日本大震災関連の復旧・復興プロジェクトが一段落したことで、同2.8%減の2期連続で減少した。

地域別で見ると、関東地域が前期比12.9%増と2期連続で2ケタ増となり、北海道・東北、中国、四国、九州地域はそれぞれ1ケタ増、中部地域は中央省庁の発注量が減少したことで同16.3%減となった。また、海外は政情不安等の影響で同4.2%減の574百万円となった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below