Reuters logo
【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家中原良太:米利上げを皮切りに、上昇相場が来る?
2016年9月26日 / 00:12 / 1年前

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家中原良太:米利上げを皮切りに、上昇相場が来る?


*09:09JST 【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家中原良太:米利上げを皮切りに、上昇相場が来る?

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家中原良太氏(ブログ「株式予報 - Stock Forecast」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年9月25日21時に執筆

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

先週の大きなイベントと言えば、

・日銀による「マイナス金利」の深掘りの見送り
・FOMCでの政策金利の据え置きの決定

の2つが挙げられるでしょう。

日銀の「マイナス金利」の深掘り見送りが発表されてからは、金融セクターを中心に強気の動きが続きました。特に恩恵を受ける業種であるだけに、やはり、このイベントは大きな影響があったようです。

一方、週末にかけてはFOMCでの政策金利の据え置きが決定され、為替が一気に円高へと動いてしまいました。これにより、週前半の上昇は一気に帳消しにされてしまいました。そして、外需系株を中心に、上値の重い値動きとなったかと思います。

先週の相場では、この2つが特に大きなイベントでしたね。

ただし、、、
この材料の中でも、「FOMCでの政策金利の据え置き」に関しては、中原自身はそこまで悲観視していません。なぜなら、「据え置いて」いるだけで、まだ政策金利の引き上げを行うのが前提という姿勢が続いているからです。

そう考えると、一旦は円高に為替が振れましたが、これから先は、再び円安へ振り返す余地も残されているでしょう。そうとなれば、本格的に外需系も強い値動きが期待できますので、順張り投資のチャンスだと期待できるでしょう。

現状は様子見しておいた上で、、、
【もう一段】の上昇を狙った「順張り」投資が、
有利なのではないでしょうか。

となると、
今週以降は、大型株・新興株に関わらず、
「強気」の見方をしておくぐらいが、ちょうど良いのかもしれません。

…ということで。
これから、僕の投資スタンスをご説明しましょう。

ちなみに、私自身がよく使っている投資法は以下の3通りしかありません。それは、以下の3通りです。

【相場が上昇相場のとき…「順張り投資」】
年初来高値更新銘柄など、上昇傾向が強い銘柄の続伸を狙います。

【相場が下落相場のとき…「逆張り投資」】
暴落相場などで、中長期で下落した銘柄のリバウンドを狙います。

【相場がボックス相場のとき…「押し目買い投資」】
人気株の下落を狙って、小さなリバウンドを狙います。

上記のように相場の状況によって投資法を使い分けると、
過去の統計上、利益を出しやすかったようなのです。

たった3通りしかないので、凄くシンプルですよね。

これを踏まえて、、、
僕の投資スタンスはこんな感じです。

【TOPIX:順張り】
注目中の銘柄例:テクノプロ・ホールディングス6028
技術者派遣事業が好調。増収増益見込んでおり、予想PERも約16倍と依然割安感が残る水準。チャート面も年初来高値を更新中で、上値の軽さが期待できます。さらなる続伸に期待したいところ。

【JASDAQ:順張り】
注目中の銘柄例:ピックルスコーポレーション2925
最高益更新の計画。ご飯がススム君が好調な他、原料野菜の白菜やきゅうりの価格が沈静化されたことも追い風に。年初来高値を更新し、上値も軽くなっている様子。同社株の続伸に期待したいところ。

以上が、いまの僕の投資スタンスです。

大きな材料は控えていませんので、
しばらくはこのスタンスを貫いていきたいところです。

ただし、、、
今後、大きく値下がりするようなことがあれば、
流動的に、「逆張り」などの投資法に、切り替えて行きたいですね!

では、今週も気合を入れていきましょう!

- 中原良太

----

執筆者名:中原良太
ブログ名:株式予報 - Stock Forecast

《KS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below