Reuters logo
オンコリスバイ Research Memo(9):ハンルイ社との今後の連携に注目
2016年9月26日 / 06:46 / 1年前

オンコリスバイ Research Memo(9):ハンルイ社との今後の連携に注目


*15:44JST オンコリスバイ Research Memo(9):ハンルイ社との今後の連携に注目
■業績動向

(3)中国ハンルイ社との契約について

テロメライシンの中国における導出を前提とした基本合意書をハンルイ社と2016年5月に締結しており、2016年内に製造販売権を含めた本契約の締結を目指している。ハンルイ社は2015年の売上高で1,795億円、従業員数1万人を有する抗がん剤領域に強いスペシャリティ・ファーマで、中国での抗がん剤販売ではトップ企業となる。元々、ジェネリック医薬品の製造販売からスタートしたが、最近では創薬にも注力しており、数多くの開発パイプラインを有している。免疫チェックポイント阻害剤についても、2015年9月に米Incyte社に導出し、現在、米国で第1相臨床試験が進められている。

ハンルイ社と本契約が締結されれば、今後中国でのテロメライシンの開発販売が進む可能性が出てくることになり、成長ポテンシャルも一段と高まることになる。テロメライシンについて免疫チェックポイント阻害剤との併用療法が効果的と考えているオンコリスバイオファーマ4588にとっては、中国においてのベストパートナーと言え、今後の動向が注目される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below