Reuters logo
ハウスドゥ---中立的なエスクロー会社と業務提携で、不動産取引時の健全化に向けたサービスを導入
2016年12月12日 / 07:28 / 9ヶ月前

ハウスドゥ---中立的なエスクロー会社と業務提携で、不動産取引時の健全化に向けたサービスを導入


*16:20JST ハウスドゥ---中立的なエスクロー会社と業務提携で、不動産取引時の健全化に向けたサービスを導入
ハウスドゥ3457は12日、エスクロー・エージェント・ジャパン6093の非対面決済サービスである「H’OURS(アワーズ)」の利用に関して、業務提携を発表。同社の直営店および自社売買事業部、ハウス・リースバック事業部で開始し、全国加盟店へ拡大する予定。

同社によると、消費者保護の仕組みが進む米国では、不動産売買時に中立的な第三者であるエスクロー会社が売買代金の授受や、契約書類の代行、登記調査、銀行への連絡などを行うのが一般的。安全、透明性が高くトラブルが少ないといわれている。日本では不動産購入の際、不動産仲介業者が手付金の保管、売買契約書などの管理を行うため、虚偽の登記やなりすましなどのトラブルが発生することもあるという。

同社はこれまで、物件情報の積極開示や消費者視点でのサービスの開発などに注力していたが、今回の提携で、エスクローサービスである「不動産取引保証」を利用することで、「間違いなく決済を行う(所有権を移転する)」ことを保証」することが可能となり、消費者に対する安全性の向上が期待できる。

同社は、今後も中古住宅の流通促進及びネット取引解禁等に伴う取引形態の多様化に対応していく方針だ。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below