Reuters logo
ティア Research Memo(11):国内葬儀市場規模は、2040年に現在の1.3倍規模に拡大予想
2016年12月14日 / 07:01 / 9ヶ月前

ティア Research Memo(11):国内葬儀市場規模は、2040年に現在の1.3倍規模に拡大予想


*15:58JST ティア Research Memo(11):国内葬儀市場規模は、2040年に現在の1.3倍規模に拡大予想
■市場規模と成長ポテンシャルについて

国内の葬儀市場規模は年間約1.7兆円の規模でここ数年は安定して推移しており、葬儀件数の伸び率で見ると、国内全体では平均で0.2%前後の伸びで推移している。長期的に見ても、死亡人口が緩やかな伸びを続け、2040年には現在の約1.3倍の水準まで増加することが予測されている。直近では直葬など葬儀を執り行わないケースも増加傾向にあるものの、葬儀需要は今後も安定して推移することが予想される。

葬儀業界では全国各地にある冠婚葬祭互助会が依然、高いブランド力を背景に高シェアを占めているが(互助会及び関連企業の合計売上高で年間約7,600億円)、ティア2485は「徹底した人財教育による質の高いサービス」と「葬儀費用の完全開示や適正費用による提案力」などが顧客から高い評価を受けており、着実にブランド力も上昇している。「ティアの会」会員数が年間2万人を超えるペースで伸び続けていることから見ても、シェアの拡大傾向は今後も続くものと予想される。

名古屋市内では1998年に1号店をオープンして以降、16年目でシェア20%を獲得してきた実績があることから、他のエリアにおいても20%を獲得する可能性はあると考えられる。葬儀件数全体に占める同社グループのシェアはまだ1%に満たない水準であることから、今後のシェア拡大による収益の成長ポテンシャルは大きいと言える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《YF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below