Reuters logo
電算システム Research Memo(9):ゴーガ社の子会社化により“ONE Google”の完成し、事業拡大に期待
2017年2月28日 / 07:49 / 8ヶ月前

電算システム Research Memo(9):ゴーガ社の子会社化により“ONE Google”の完成し、事業拡大に期待


*16:42JST 電算システム Research Memo(9):ゴーガ社の子会社化により“ONE Google”の完成し、事業拡大に期待
■中長期経営計画と成長戦略

3. 成長戦略:クラウドビジネス分野
クラウドビジネス分野は、電算システム3630の事業セグメントとしては情報サービスセグメントに属するが、同社の重点施策である“ストックビジネスへの収益構造転換”の中核を担うため、特に区別して取り上げているものだ。

同社のクラウドビジネスの中核は、Google関連事業だ。この点で、2016年12月期は、(株)ゴーガ社を子会社化するという大きな進展があった(2016年10月)。ゴーガ社は2006年の設立だが当初からGoogleの地図開発パートナーとして認定され、グーグルマップの企業活用サービスの第一人者として各種位置情報サービスを開発してきた。実績としてはセブン&アイ・フードシステムズやNTTドコモ向けに位置情報を活用したSI・ソフトの開発などがある。

ゴーガ社が傘下に入ったことの最大のメリットは、“ONE Google”の体制が完成する点にあるというのが弊社の理解だ。グーグルが企業向けに手掛けるサービスは大きく7種類あるが、同社はこのうち6つを手掛けていた。ゴーガ社の傘下入りで、残る一つのサービスを提供でき、Google関連の企業向けサービスをフルラインナップ化できた。これにより、同社のGoogle関連事業の拡大に弾みがつくことが期待される。また、ゴーガ社にとっても電算システムの既存客に対するアプローチが可能になり、自身の業容拡大に繋げるチャンスといえる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below