Reuters logo
シンデン・ハイテックス---半導体、液晶、タッチパネルなどの電子部品を取り扱う専門商社、経験豊富な人材が強み
2017年3月2日 / 01:11 / 7ヶ月前

シンデン・ハイテックス---半導体、液晶、タッチパネルなどの電子部品を取り扱う専門商社、経験豊富な人材が強み


*10:05JST シンデン・ハイテックス---半導体、液晶、タッチパネルなどの電子部品を取り扱う専門商社、経験豊富な人材が強み
シンデン・ハイテックス3131は、半導体や液晶(LCD)などの電子部品販売を主軸とする専門商社。IoTやM2M関連製品、FoundryやNAND Flashなど最先端のエレクトロニクス製品を取扱う。同社の強みは、業界に精通した経験豊富な人材が培った強固な顧客基盤を背景にタイムリーなビジネス展開、自社倉庫を持たず、外部物流システムとの連携によって、仕入れ数や在庫数をフレキシブルかつ効率的に管理できる点である。

足元の業績では2017年3月期第3四半期(1-12月)の売上高が、前年同期比15.6%減の324.13億円、営業利益が同38.5%減の2.77億円だった。液晶分野では、第2四半期に引続き車載機器向け液晶やモニタ向け液晶が減少、半導体分野は、液晶用のドライバICやメモリが販売不振であったものの、自動工作機械向けCPUが好調、電子機器分野は、産業用機械向け電子部品が不調であったものの、異物検出器や通信モジュールは堅調に推移、その他分野は、電池関連が売上に貢献した。

17年3月期通期については、売上高が425億円、営業利益が6.9億円、経常利益が3.7億円、当期純利益が2.6億円と、2016年11月9日に修正した予想を据え置いている。なお期初の予想は、売上高が512.83億円、営業利益が6.31億円、経常利益が4.17億円、当期純利益が2.72億円だった。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below