Reuters logo
ブイキューブ---AI活用の対話システム、本格的な商業展開スタートへ
2017年3月3日 / 05:05 / 7ヶ月前

ブイキューブ---AI活用の対話システム、本格的な商業展開スタートへ


*14:03JST ブイキューブ---AI活用の対話システム、本格的な商業展開スタートへ
ブイキューブ3681はNextremerと共同でAIを活用した対話システムの提供を4月にも開始すると、1日付の日刊工業新聞で報じられている。モニターに映るキャラクターに声で質問すると返答し、会話が破綻した際はウェブ会議システムを通じて有人対応に引き継ぐシステムのもよう。窓口業務を効率化するサービスとして、銀行や自治体などに訴求していく方針のようだ。

想定価格は対話システム1台当たり月10万円程度、2020年までに1000社の導入を目指している。簡単な質問は、自然言語処理機能を持つAIが回答するが、利用者が同じ質問を繰り返した場合などは会話が破綻と判断、オペレーターがウェブ会議システムを通じて対応を引き継ぐことになる。AIはオペレーターの応答を学習することができ、システムを長期間使うほどAIの回答可能範囲が広がることになる。

ブイキューブとNextremerは、2016年から対話システムの実証実験を羽田空港内など各所で進めており、導入当初はAIが質問全体の6割程度を回答していたが、数ヵ月後にはAIが回答できる質問は8割程度に拡大しているもよう。このような対話対応システム分野でのAI活用は目先拡大が期待される分野であり、今回の本格的な商業展開スタートによって、「AIの進化を担うブイキューブ」としての位置づけが高まっていくことにもなろう。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below