Reuters logo
大幸薬品 Research Memo(3):大型新製品「正露丸クイックC」を武器に医薬品事業が反転、増収及び営業増益予想
2017年6月18日 / 23:26 / 3ヶ月前

大幸薬品 Research Memo(3):大型新製品「正露丸クイックC」を武器に医薬品事業が反転、増収及び営業増益予想


*08:22JST 大幸薬品 Research Memo(3):大型新製品「正露丸クイックC」を武器に医薬品事業が反転、増収及び営業増益予想
■大幸薬品4574の業績予想

● 2018年3月期通期の業績予想
2018年3月期通期の業績予想は売上高で前期比4.9%増の8,700百万円、営業利益で同0.4%増の1,550百万円、経常利益で同7.6%減の1,300百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同14.2%減の900百万円と売上高及び営業利益の増加を予想する。国内医薬品事業では「正露丸クイックC」の販売開始により増収を見込む一方で、海外医薬品事業は減収の予想だ。感染管理事業においては、市場の成長とともに、パートナーとのアライアンスが奏功しクレベリンの認知率も上がっており、一般用・業務用ともに増収を見込む。新製品正露丸クイックC」に関する広告宣伝投資を中心に販管費は同365百万円増加させるため、営業利益は微増にとどまる。前期は感染管理事業の伸びが全社業績を支えたが、今期は51年ぶりの大型新製品「正露丸クイックC」を武器に医薬品事業の反撃が始まることになる。止瀉薬市場シェア50%への回復を目指す。なお、海外医薬品事業は、中国向け製品の原料仕入先における製造トラブルによる生産遅延リスクを織込み、保守的な売上高としているが、早期に生産遅延リスクが解消された場合、売上高・利益共に業績予想に対して上振れる可能性がある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below