Reuters logo
極洋 Research Memo(3):水産に関連した5部門で事業展開。中心は水産商事部門と鰹・鮪部門
2017年6月19日 / 06:07 / 3ヶ月前

極洋 Research Memo(3):水産に関連した5部門で事業展開。中心は水産商事部門と鰹・鮪部門


*15:03JST 極洋 Research Memo(3):水産に関連した5部門で事業展開。中心は水産商事部門と鰹・鮪部門
■事業概要

1. 各事業部門の概要
極洋1301の主力事業はすべて「水産」に関連したものであるが、以下の5つに部門を分けている。2017年3月期の売上高比率では、水産商事部門及び冷凍食品部門が比較的高いが、利益面では水産商事部門及び鰹・鮪部門の影響が大きいビジネス構造となっている。各部門の詳細は以下のようになっている。

(1) 水産商事
水産商事部門では、幅広い品目を取り扱っており、各種の水産物(主に南北凍魚、サケ・マス、エビ等)の買付、販売、加工等を行っている。仕入れ先は国内外の漁業会社及び商社等で、販売先は商社、食品加工会社、卸売業者及び荷受会社等幅広い。仕入れ先に対しては加工方法等について、技術指導を行うケースもある。また海外で仕入れた商品を海外へ転売する3国間取引も行っている。

売上高及び利益は、魚価、需要動向に大きく影響される。そのため、需要動向を見極めたうえでの適切な仕入れ及び在庫管理が、利益に対しては重要なファクターとなる。

(2) 冷凍食品
冷凍食品部門では、主に水産系の食材を、生食用、加熱用、衣付食材用(フライ等)に冷凍加工して販売する。既述の水産商事と同様のルートで販売すると同時に、エンドユーザー(消費者)に近いルートでも流通している。

この分野での同社の特色は、生食用冷凍食品で高いシェアを持っており、特に大手回転寿司チェーン向けが強いということになるだろう。従来はBtoBが中心で、BtoCの一般家庭用の販売は行っていなかったが、2014年1月から自社ブランド「シーマルシェ」で量販店向けに冷凍食品の出荷を開始し、家庭用の冷凍食品市場に参入した。この市場は競争の激しい分野ではあるが、さらに売上を伸ばしていく計画で、今後の展開が注目される。

(3) 常温食品
常温食品部門では、量販店及びコンビニ向けの缶詰を中心として、健康食品及び珍味類を扱っている。主原料は近海物の魚(サバ・イワシ等)が多いが、魚価が上がった場合の価格転嫁はすぐには難しいことから、利益率が変動することが多々ある部門である。

(4) 物流サービス
物流サービス部門では、東京の大井と京浜地区の城南島、大阪及び福岡の4拠点で冷蔵倉庫事業を行っている。また、主に海外ユーザー向けに冷蔵運搬船事業(果物、野菜類)を行っていたが、収益が船舶市況に大きく左右されることもあり2017年3月期第2四半期に保有する冷蔵運搬船3隻すべてを売却して、同事業から完全に撤退した。

(5) 鰹・鮪
鰹・鮪部門では、主に中西部太平洋及び東沖海域における良質のカツオの漁獲から、マグロの買付、加工、販売まで一貫した事業を展開している。最新の設備を備えた海外まき網船5隻が、カツオを漁獲する一方で、世界各地からのマグロの買付も行っている。

これらのカツオ及びマグロを国内外の関連会社及び協力工場で加工し、顧客である外食産業及び量販店に販売している。2015年7月にはカツオタタキ等冷凍カツオ・マグロを中心とした水産物加工品を製造するために指宿食品(株)を設立し、2017年3月期からフルに寄与している。

またマグロの安定的な商材確保を図るべく、2007年にキョクヨーマリンファーム(株)を、2010年にはキョクヨーマリン愛媛(株)をそれぞれ設立して、本鮪の養殖事業に着手し、拡大している。これまでの冷凍品に加え、さらに安定した高品質な生鮮品の供給が可能となった。また、2012年11月には合弁会社の極洋日配マリン(株)(現:極洋フィードワンマリン(株)を設立し、完全養殖への取り組みも進めており、種苗生産分野の技術を有するフィード・ワン2060をパートナーとしている。養殖鮪事業は新たな強みとして期待されているが、2018年3月期中には完全養殖クロマグロの初出荷が予定されており今後の動向が注目される。なお、「本鮪の極」ブランドは既に定着し、これに続く完全養殖マグロの新たなブランド化も進めていく。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below