Reuters logo
バブル崩壊後の高値更新をうかがう建設株、SMBC日興証券(花田浩菜)
2017年6月21日 / 02:36 / 3ヶ月前

バブル崩壊後の高値更新をうかがう建設株、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:34JST バブル崩壊後の高値更新をうかがう建設株、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

2020年に東京オリンピックを控え、渋谷をはじめ各地の再開発が進んでいますね。6/21付の「Daily Outlook」では、バブル崩壊後の高値更新をうかがう建設株についてまとめられているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『大手ゼネコンの株価が好調だ。今年度(4/1~6/19)、東証33業種では「建設業」は「その他製品」に次ぐ2位の上昇率となっている。また、足元では大成建や大林組が約26、27年ぶりの高値をつけている。建設工事受注は2008年のリーマンショック後、急減していたが、震災や東京五輪の特需により大きく回復中。足元では2001年春以来の最高水準にある。五輪後の特需剥落を懸念する見方もあるが、リニア中央新幹線や都市再開発などインフラ投資の案件は引き続き豊富だ』と伝えています。

次に、利益率について『こうした背景により、建設業界の収益は過去数年間で急拡大している。タイトな受注状況で採算性の高い案件を選別できるため、さらなる完成工事総利益率の向上が見込まれている。人手不足が懸念される業界だが、逆にそれが選別受注できる一因ともいえる』と見ています。

続けて、『セクターの予想EPSは2010年末から3.5倍以上に成長している。アベノミクス相場の始まった2012年末以降、株価も大きく上昇しているが、足元の予想PERは11倍強であり、ヒストリカルでも、また日本株の平均(TOPIX約14倍)と比べても割安感がある』との見解を述べています。

最後にレポートでは、『高値更新をうかがう主な建設銘柄』を紹介しています。具体的には大林組1802や大成建1801など全5銘柄が挙げられていますので、詳しくは6/21付の「Daily Outlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below