Reuters logo
リソル Research Memo(3):開発事業の営業利益貢献が大きい
2017年6月22日 / 06:07 / 3ヶ月前

リソル Research Memo(3):開発事業の営業利益貢献が大きい


*15:03JST リソル Research Memo(3):開発事業の営業利益貢献が大きい
■事業概要と売上高・利益構成

1. セグメント別構成と事業概要
リソルホールディングス5261の2017年3月期連結業績において、ホテル運営事業及びゴルフ運営事業の売上高合計は連結の78.1%だが、調整額除きの営業利益では、これら2事業が58.1%、売上高構成比では9.9%に過ぎない開発事業が40.7%程度を占める。売上高及び利益構成、セグメント別事業内容を以下に説明する。

(1) ホテル運営事業:インバウンド需要など好調な事業環境を背景に現在の業績牽引セグメント
ホテルの運営、コンサルティング業務、リゾート施設の運営等を行っている。具体的には、「ホテルリソル」「プリシアリゾートヨロン」「ペット&スパホテル」「R&Sホテル」、別荘等の運営、リソル生命の森(千葉県)コンドミニアムホテル・ログハウス・研修施設の運営等も行う。

インバウンド需要の拡大やシニア層の旅行需要の高まりを背景とした業界全体の追い風もあるが、当セグメントの売上高に占めるインバウンド関連の売上高は10%弱程度と思うほど高くない。ここまでの好調の要因は、1)競合エリアにおける単価の設定をきめ細かに実施しており、平均宿泊レートの向上につながっていること、2)新幹線が開通した金沢及び函館にも運営ホテルがあり、それらが好調を維持していること、3)ウェルカムアロマ・シューズオフスタイル・リビングロビー®などくつろぎサービスによる集客面での差別化を図っていること、なども挙げられる。2017年3月期では、京都3件及び首都圏2件の物件を新規に獲得しており、これらによる今後の収益及び利益貢献が見込める。また、このセグメントは、投下資産に対する利益回収率も良いことが特徴。2017年3月期の売上高は8,230百万円、営業利益は1,207百万円、営業利益率は14.7%。売上高構成比は36.9%、営業利益では39.0%。

(2) ゴルフ運営事業:安定的な収益頭
ゴルフ場の運営、コンサルティング業務等を行っている。

同社の大きな収益の2本柱のうちの1つ。ゴルフのプレー人口減少に対し、一層のオペレーション合理化を図りつつ、ゴルフプレーヤー以外もゴルフ場を気軽に利用できるクラブハウスのコミュニティ化を推進している。具体的には、家族連れでバイキングを楽しむレストラン、ブライダル、法事、宴会等のプラン・サービスを提供することにより積極的に新しい利用者層の開拓に努めている。2017年3月期の売上高は9,164百万円、営業利益は591百万円、営業利益率は6.4%で、連結売上高に占める割合は41.1%、営業利益は19.1%。

(3) 開発事業:今後の成長ドライバー
ホテル・ゴルフ場等のデューデリジェンス業務、ホテル・ゴルフ場・別荘・保養所等の販売などの再生事業を行っているが、今後は太陽光等設備の再生可能エネルギー事業、大学連携型CCRC等の地方創生推進事業が主軸事業に育つ見通し。同事業における2017年3月期の売上高は2,196百万円、営業利益は1,260百万円。営業利益率は57.4%とセグメントの中で最も高い。連結売上高に対する割合は9.9%だが、同営業利益の構成比では40.7%と存在感を示す。

a) 再生可能エネルギー事業
2016年5月に同社の瀬戸内ゴルフリゾートの隣接地において太陽光発電事業の発電設備が稼働開始、中国電力9504への売電を開始した。発電出力は約2メガワットで、年間発電電力量は、約290万kwhとなる見通し。福島でも約35メガワット大型開発を計画している。今後も積極的に事業展開する。長期経営目標では40メガワットを掲げているが、この分はほぼ手当済みと言える。2020年段階で数億円の利益計上を見込んでおり、気象条件による変動要因を考慮しても制度上の担保もあることから、利益見込み額を達成する確度は高いと言えるだろう。

b) 地方創生推進事業“大学連携型CCRC”
千葉大学及び地元の長柄町と連携した他に類を見ない“大学連携型CCRC”として事業化を目指す。

同社は都心から約50km圏内に位置する千葉県長柄町にある複合リゾート施設「リソル生命の森」の敷地を活かし、CCRC化に向けた取り組みを進めている。

CCRCは、1960年代から米国で建設が始まり、現在は全米で約2,000ヶ所ある。従来の高齢者向け介護施設等との主な違いは、健康なうちに入居することや、地域に開かれた多世代が共存するコミュニティであること、要介護者になっても継続的なケアを受けられることである。

同社が取り組む“大学連携型CCRC”とは、単に高齢者によるコミュニティにとどまらず、千葉大学との連携による学びの場、同施設の特長でもあるスポーツ・レクリエーション施設、自然とのふれあいの場を提供する、事実上日本初の形態といえるCCRC事業となるだろう。具体的には、シニア向け住宅を開発し、予防医学や健康寿命の延伸を目的とした「リソルウェルネスプログラム」を入居者向けに提供するほか、地域ネットワークとも連携し、地域活動への参加や地域医療連携による医療・介護体制も整えていく予定。

「リソルウェルネスプログラム」とは、千葉大学予防医学センター 近藤克則教授の研究成果に基づき監修を受けたリソルグループの独自プログラムである。フィジカル面(健康増進)に加え、「健康」「絆」「いきがい」「くつろぎ」という4つのテーマ別で100を超える多種多様なプログラムで構成され、楽しみながら、心身両面の健康(ウェルネス)が保てる内容となっている。

リソル生命の森では、ゴルフ場利用者が年間10万人程度、宿泊施設の利用者は同7万人程度、ターザニアという自然共生型アドベンチャースポーツ&パークの来場者は同5万人程度、厚生労働大臣認定健康増進施設日本メディカルトレーニングセンターの会員が2,000人超となっている。この他、分譲住宅に約200名の定住者がおり、CCRC事業の推進で2025年に1,000名を目指す。要介護者にも対応できるような医療・介護の体制も整え、建築コスト環境などを勘案しオリンピック後に本格的な住居販売等を見据える。同施設にはクリニックも併設されており、千葉大学とも一層の連携を進め予防医学分野で確たるポジションを築いていく方針だ。

(4) 福利厚生事業:オリジナル福利厚生プログラムで企業の「健康経営®※」をサポート
福利厚生代行サービス「ライフサポート倶楽部」の販売を中心に、現在、変革中の事業という位置付けである。2017年3月期は売上高1,772百万円、営業損失12百万円となった。連結売上高に占める割合は8.0%。社員の「健康」と「働き続けたい気持ち」に焦点を当てる「キャリア継続支援型」福利厚生にシフトし健康経営®に取り組む企業や団体を支援する。チームビルディング研修や生活習慣病予防合宿等100以上のオリジナルプログラムはリソル生命の森を中心に造成されている。これらのプログラムで社員の健康とモチベーションを向上させ、企業に活力を生み出し、社会の持続的な発展に積極的に貢献していく構えだ。

※健康経営®は、健康経営研究会の登録商標。


(5) リゾート関連事業:保養所を再活用し事業拡大へ
保養所の資産活用(ペットホテル・寮・研修施設等)を目的とした運営と売買に注力し、保養所再生ビジネスの事業拡大を図る。流通ゴルフ会員権の売買、リゾートマンション・別荘等の売買及び仲介、リゾート会員権等の販売、リゾート施設の企画・開発・請負工事、土地及び建物の販売・仲介等。2017年3月期の売上高は913百万円、営業利益は48百万円、営業利益率は5.3%となった。売上高の構成比は4.1%。

2. 三井不動産グループ及びコナミグループとの連携
資本・業務提携を締結している三井不動産グループ及びコナミグループとの連携は、同社の大きな特徴の1つである。主に運営事業、開発事業、福利厚生事業等において密接に連携しており、具体的には、ゴルフのコース管理合理化、ホテルセグメント等の相互送客、三井不動産グループの入居者向け付帯サービスメニューの提供、コナミスポーツクラブの入会者向け同メニューの提供等が挙げられる。また、三井不動産グループと同社開発事業との間で物件の相互紹介などを行っている。両社との提携は、同社の事業の幅を広げるだけでなく、信用力の向上にも一役買っていると思われる。

(執筆:フィスコアナリスト)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below