Reuters logo
博展 Research Memo(5):デジタルマーケティング分野の強化や国際会議の開催など、同社の成長戦略は着実に進捗
2017年6月22日 / 06:57 / 3ヶ月前

博展 Research Memo(5):デジタルマーケティング分野の強化や国際会議の開催など、同社の成長戦略は着実に進捗


*15:52JST 博展 Research Memo(5):デジタルマーケティング分野の強化や国際会議の開催など、同社の成長戦略は着実に進捗
■成長戦略の進捗

博展2173は、顧客との長期的な関係構築を前提としたマーケティング・パートナーへと進化を図っていく中期ビジョンのもと、新規事業やグローバル展開を柱とした中期経営計画を進めているが、2017年3月期の主な取り組みとして、以下のような進展があった。

1. (株)スプラシアの完全子会社化同社は、2016年6月に先端デジタル技術を駆使した付加価値の高いマーケティング支援を展開している(株)スプラシアを簡易株式交換により完全子会化した。(株)スプラシアが持つ企画力、技術力及び商品力を取り入れることにより、シナジー創出の早期実現と、その最大化を図るところに狙いがあるとみられる。(株)スプラシアは、独自開発の動画合成エンジンを用いた動画編集、タブレット端末対応のデジタルサイネージ、法人顧客向けアプリの開発等を手掛けているが、特に「イベントプロモーション」や「展示会」等への転用が見込め、集客からデータベースを生かしたマーケティング支援までを可能とするプラットフォームを早期に立ち上げる方針である。

2. タケロボ(株)による「IBM Watson エコシステムプログラム」への参加サービスロボットの開発、販売を手掛けるタケロボ(株)は、ソフトバンク(株)(ソフトバンクグループ9984)が日本アイ・ビー・エム(株)と共同で展開する「IBM Watsonエコシステムプログラム」への参加のため、2016年7月にパートナー契約を締結した。本件により、タケロボ(株)の提供するマスコットロボット「ロボコット」の稼働において、これまでのタッチ画像、表情、音声発声、駆動などでのやりとりに加え、IBM Watsonによる自然言語対話でのコミュニケーションも可能となり、利便性が大幅に向上するとともに、利用シーンの拡大が見込まれている。また、ロボットとITシステムの連携によりIBM Watsonの高度な分析能力が発揮されることから、同社グループのシステム会社(アイアクト、スプラシア)との連携により、ロボットのセンサー、画面、対話などにより取得する多様なデータとITシステムが保有するビッグデータを合わせ、従来のシステムでは導くことのできなかった新たな発見にも期待が寄せられている。

なお、「ロボコット」については、金融機関や大型施設、IT機器メーカー等による問い合わせが増加していることから、2016年3月に一旦量産化を決定したが、本件によりAIやコグニティブといった注目されている最先端のIT技術の活用に向けた開発へと戦略の軸足を移す方針へと転換した。

3. 「サステナブル・ブランド 国際会議2017東京」を日本で初開催同社は、2015年12月に米サステナブル・ライフ・メディア(以下SLM)と、SLMがグローバルに展開する「サステナブル・ブランド国際会議」を日本で開催するためのパートナーシップ契約を締結すると、2016年6月には日本初のサステナブル・ブランド(以下、SB)情報発信を目指したメディア・サイト「サステナブル・ブランド ジャパン」を公開するなどSB事業の推進に取り組んできたが、2017年3月(8日と9日の2日間)には、いよいよ日本で初めての「サステナブル・ブランド国際会議」を開催するに至った。「サステナブル・ブランド」とは、経営の根幹に「サステナビリティ(持続可能性)」を取り入れ、自社の競争力とブランド価値を高める取り組みである。この趣旨に基づき、多くの企業関係者や識者が議論を重ねる「サステナブル・ブランド国際会議」は2006年にスタートし、2016年度は世界11ヶ国12都市で開催した。同社は、注目度の高い国際会議の主催者となることにより、実績や経験、名声を獲得するところに大きなメリットがあると考えられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)
《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below