Reuters logo
ステップ Research Memo(6):大学入試制度改革に向けて英語教科の対策に取り組む
2017年6月23日 / 07:14 / 3ヶ月前

ステップ Research Memo(6):大学入試制度改革に向けて英語教科の対策に取り組む


*16:06JST ステップ Research Memo(6):大学入試制度改革に向けて英語教科の対策に取り組む
■今後の見通し

3. 大学入試制度改革への対応
2020年度の大学入試制度改革ではセンター試験が廃止され、民間業者への一部委託が検討されるなど大きく変わることが予想されている。とりわけ、英語については従来の「文法力や語い力」「読解力と作文力」中心の試験から、英語によるコミュニケーション能力も重視されるようになる。実際の試験では、英検やTEAP、TOEIC、TOEFLなど民間の外部試験を活用していくことになると予想されている。このため、学習塾においても実用レベルでの英語力アップに向けたカリキュラムの充実が求められることになる。

こうした変化を受け、ステップ9795でも高校部の英語教師全員が英検準1級以上を取得し、TOEICでも850点以上を取得するなど教師のレベルアップを図っているほか、英語ネイティブ教師による授業を増やし、2017年度の高1生からは英語授業でオールイングリッシェのディスカッションやスピーチを取り入れるなどの取り組みを進めている。

今後の学習塾市場においては、2020年度の大学入試制度改革に向け英語の指導力でいかに差別化を図っていくことができるかがカギを握りそうだが、英語運用力のアップという点においては、集団・ライブ授業がより効果を発揮すると見られ、同社にとっては差別化要因になると弊社では見ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below