Reuters logo
ステップ Research Memo(7):新規開校年4~5校の安定成長を継続していく方針
2017年6月23日 / 07:14 / 3ヶ月前

ステップ Research Memo(7):新規開校年4~5校の安定成長を継続していく方針


*16:07JST ステップ Research Memo(7):新規開校年4~5校の安定成長を継続していく方針
■今後の見通し

4. 中長期的な成長戦略
全国的に少子化が進むなか、神奈川県内においても学齢人口は今後も緩やかに減少傾向が続くと見られている。神奈川県の調査によれば2015年時点の県内の15歳人口は約8.2万人だが、2025年には約7.5万人まで減少するとの見通しとなっている。こうしたなかで、ステップ9795は既存校舎での生徒数については維持向上を図りつつ、今後は横浜市や川崎市など未進出エリアの多い地域を中心に校舎数を増やしていくことで、安定成長を続けていく方針となっている。開校ペースは小中学部で年間3~4スクール、高校部では3~4年に1校ペースの安定成長と営業利益率20%台の維持向上を図っていく考えだ。

小中学部においては5月末現在で122スクール体制となっているが、神奈川県全域をカバーするには160スクール程度が必要と見ており、今後10年程度をかけて全域をカバーしていくことになる。特に、横浜市や川崎市は競合する湘南ゼミナールや臨海セミナーと比較すると校舎数も少なく拡大余地は大きい。学習塾激戦区であるだけに、生徒獲得競争も激しいが、前述したように3月に開校したあざみ野や中山スクールでは口コミ情報などをもとに生徒募集活動は順調に進んでおり、今後も同社の学習指導方針や高い合格実績を背景にこれらエリアでシェアを拡大していくことは十分可能と弊社では見ている。なお、湘南ゼミナールについては愛知県への進出を開始し、また、臨海セミナーは千葉県、東京都に続き大阪府へ進出を始めるなど、競合先は他府県への展開に成長の活路を見出そうとしており、同社とは異なった戦略を取っている。

また、高校部では現在の14校体制を将来的には20校まで拡大する予定となっている。少子化による影響を受けるものの、既存校においてはシェア拡大によって生徒数を維持し、進出エリアを拡大することによって生徒数の伸長を図っていく戦略だ。2018年春には1校の開校を予定している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below