Reuters logo
日本ライフL Research Memo(3):メーカー機能と商社機能を併せ持つユニークな事業モデル
2017年6月29日 / 06:45 / 3ヶ月前

日本ライフL Research Memo(3):メーカー機能と商社機能を併せ持つユニークな事業モデル


*15:43JST 日本ライフL Research Memo(3):メーカー機能と商社機能を併せ持つユニークな事業モデル
■会社概要

2. 事業概要
医療機器は検査や手術など様々な医療場面で使われ、MRI等の大型機器から注射器までサイズの大小・値段の高低が多岐にわたる。日本の医療機器業界は充実した健康保険制度の下で、世界でも有数の市場となっているが、心臓ペースメーカーなどに代表される、高度な管理が必要とされる医療機器については、日本メーカーが欧米の巨大メーカーに規模で劣後していることや、医療機器という生命に直接関わる製品を扱うことに対する参入障壁の高さから、大半の医療機器を輸入品に依存してきた。とはいえ近年、オリンパス7733の消化器内視鏡やテルモ4543のカテーテル、シスメックス6869の検体検査機器など、日本メーカーのスキルアップによって世界で受け入れられるような医療機器も開発されるようになってきた。

こうした背景の下、日本ライフライン7575は心臓ペースメーカーの輸入販売を開始して以来長きにわたって、販売拠点を全国に広げながら海外の先端医療機器を国内へ導入してきた。医療機器の販売には高度な専門知識が求められるが、同社は医師と密にコミュニケーションをとるなかで、専門商社として製品に対する目利きの力を養ってきたといえる。さらに自社製品の開発においても、第一線で活躍する医師とのネットワークを生かし、海外メーカーが行わない、ニーズにきめ細かく対応した製品開発を行っている。また、医療機器の導入には、製品の安全性や有効性を示すデータの取得や行政との折衝などを通じて、薬事承認の取得が必要となるが、同社は長年の導入経験に基づき、薬事部門の体制強化を進めてきた。こうした全国規模での販売体制と充実した薬事体制が、日本に販路を持たない海外メーカーにとって、同社を日本における販売パートナーとして魅力あるものにしている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below