Reuters logo
スターティア Research Memo(14):2017年3月期は9円配を実施。2018年3月期も配当据え置きの予想を
2017年6月29日 / 07:10 / 4ヶ月前

スターティア Research Memo(14):2017年3月期は9円配を実施。2018年3月期も配当据え置きの予想を


*16:04JST スターティア Research Memo(14):2017年3月期は9円配を実施。2018年3月期も配当据え置きの予想を
■株主還元策

スターティア3393は個人株主を重視しており、株主還元にも積極的だ。株主還元は配当によることを基本としており、将来の成長投資のための内部留保の充実とのバランスをとりながら配当額を決定している。かつては目安として配当性向10%ルールを採っていたが、2015年3月期からは普通配の配当性向基準を10%から15%に、2016年3月期からは20%に引き上げた。

2017年3月期について同社は、事前の予想どおり、前期比横ばいの年間9円(中間3円、期末6円)の配当を実施した。期末に減損損失の処理を決定したため1株当たり当期純利益が0.58円に低下したが、これは一過性の非資金的費用であることから、配当実施には影響はないと判断したとみられる。

2018年3月期については、前期比横ばいの9円(中間3円、期末6円)の配当予想を公表している。2018年3月期はデジタルマーケティング関連事業における新たな施策もあって前期同様、低い利益水準となる見通しだが、来期以降の収益本格回復への自信から、安定配当継続を選択したものと弊社では推測している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below