Reuters logo
エイジア Research Memo(6):EC市場の拡大により、市場環境は追い風が続く
2017年6月29日 / 08:05 / 3ヶ月前

エイジア Research Memo(6):EC市場の拡大により、市場環境は追い風が続く


*17:01JST エイジア Research Memo(6):EC市場の拡大により、市場環境は追い風が続く
■今後の見通し

1. 市場環境について
エイジア2352を取り巻く市場環境は引き続き良好な見通しとなっている。国内のBtoCのEC市場規模は年々拡大を続けており、2016年は前年比9.9%増の15.1兆円、EC化率で5.43%と右肩上がりで成長している。とはいえ、諸外国のEC化率について見ると、2013年時点で英国が11.6%(2018年予想18.0%)、中国が8.3%(2018年予想16.6%)となっており、海外と比較すると日本のEC化率は依然低水準にとどまっていると言える。逆に言えば、国内のEC市場規模はまだ発展途上段階で、今後も右肩上がりの成長が続くものと予想される。

こうしたなかで、インターネットを活用した販促施策はEC専業の企業だけではなく、BtoCの事業を行うすべての企業において今では重要なマーケティング施策となっている。特に、ここ数年はスマートフォンの普及並びに、インターネット技術の進化によって個人の属性や行動履歴などを把握して効果的なOne to Oneの広告配信を打てるようになってきており、こうしたマーケティング施策を打つことができるかどうかで、企業の収益も変わってくると言っても過言ではない。こうしたマーケティングソリューションサービスを展開する企業にとっては、事業を拡大していくうえでの好機となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below