Reuters logo
花王などアジアの堅調な内需を取り込む企業に注目、SMBC日興証券(花田浩菜)
2017年6月29日 / 03:30 / 3ヶ月前

花王などアジアの堅調な内需を取り込む企業に注目、SMBC日興証券(花田浩菜)


*12:30JST 花王などアジアの堅調な内需を取り込む企業に注目、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

先週は訪日外国人の方の消費についてお伝えしましたね。そこで 6/29付の「Daily Outlook」では、アジアの堅調な内需を取り込む企業についてまとめられているのでご紹介します。

まず同レポートでは、アジア新興国について、『世界の経済成長率を地域別寄与度で見ると、アジア新興国はリーマンショック(2008年秋)以降先進国に代わって存在感が高まっており、今後も世界経済のけん引役になる見込みである』と伝えています。

次に、経済規模の大きいインドとインドネシアに注目し、『アジアで中国に次ぐ経済規模を誇るインドと同4位のインドネシアでは、共に2014年にそれぞれ新政権が発足して以降、海外から投資を呼び込むための規制緩和やインフラ投資への重点的な予算配分など投資の拡大策が相次いで打ち出され、構造改革が進展。これを受け、特にインドでは対内直接投資が大幅に拡大し、産業競争力が向上している』と紹介しています。

続けて、『新興国では、供給能力の制約がインフレや貿易赤字の拡大を通じて景気の下押し要因となるケースがしばしばみられるが、供給面を重視した構造改革はそうした課題を克服し、潜在成長率の向上に寄与しよう。今年に入ってからも、インドでは与党による主要地方選挙(3月)での勝利を受けた構造改革の進展期待、インドネシアでは構造改革の進展等を背景とした格付け大手による格上げなどを支援材料に、両国の株価指数は上昇基調となっている』と分析しています。

最後にレポートでは、『アジアにおける消費の高付加価値化を追い風に業績を伸ばす主な銘柄』を紹介しています。具体的には花王4452やアリアケ2815など全5銘柄が挙げられていますので、詳しくは6/29付の「Daily Outlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below