Reuters logo
スリー・ディー・マトリックス---骨肉腫の治療に関する特許を国立がん研究センターと共同特許取得
2017年6月30日 / 01:26 / 3ヶ月前

スリー・ディー・マトリックス---骨肉腫の治療に関する特許を国立がん研究センターと共同特許取得


*10:24JST スリー・ディー・マトリックス---骨肉腫の治療に関する特許を国立がん研究センターと共同特許取得
スリー・ディー・マトリックス7777は29日、国立研究開発法人国立がん研究センターと共同で出願していた、骨肉腫の治療への応用に関する特許が日本国内で成立したと発表。

同特許は、体内に存在する核酸の一種であるマイクロRNAを阻害することにより、骨肉腫を治療する核酸医薬および、マイクロRNAにより骨肉腫の状態をモニタリングすることに関するものという。人や動物の体内には多くの種類のマイクロ RNA が存在するが、そのうちmiR-133aとよばれるものが、骨肉腫などの発生や悪性化に関わる「がん幹細胞」と関連しているということが、国立がん研究センターにより確認されている。

この発見をもとに、miR-133aの発現量を測定することで骨肉腫等の状態をモニタリングする方法と、 miR-133aを阻害して骨肉腫等の「がん幹細胞」の機能を抑えることで治療を促す核酸医薬が今回の特許取得の対象となる。
核酸医薬を用いた治療は、標的とする遺伝子の働きに特異的に作用すること、薬剤が化学合成可能であることなどの利点をもち、副作用の少ない新たながんの治療方法として世界で開発が進められている。

核酸医薬は、異常な遺伝子の働きに対し、それを抑制するように作用する新しい医薬品。
マイクロRNAは、生体内で合成されて存在する20~25塩基からなる微小なRNA。他の複数の遺伝子の発現を多様に調節することで様々な生命現象を制御する分子。人の体内には、2500種類以上のマイクロRNAが存在していると言われており、miR-xxとして番号付けがされている。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below