Reuters logo
エバラ食品工業 Research Memo(2):変化する食文化のニーズにうまく応えてきた歴史
2017年6月30日 / 06:07 / 4ヶ月前

エバラ食品工業 Research Memo(2):変化する食文化のニーズにうまく応えてきた歴史


*15:02JST エバラ食品工業 Research Memo(2):変化する食文化のニーズにうまく応えてきた歴史
■会社概要と事業内容

1. 会社概要
言わずと知れた「黄金の味」「焼肉のたれ」「すき焼のたれ」などの調味料の製造販売を行っている食品会社。社名とともに、テレビCMなどでお馴染みのフレーズが浮かぶほど国内の一般家庭での認知度は高い。

エバラ食品工業2819は1958年設立で、当初は業務用のソースやケチャップなどの製造販売からスタートした。戦後に徐々に外食の焼肉店が登場し始め、1960年代後半には高度経済成長とともに焼肉店が増加した。食文化が急速に肉類主体に移行する時を逃がさず同社の創業者である森村國夫(もりむらくにお)氏は、焼肉を家庭で美味しく食べるための新しい調味料であるしょうゆベースの「焼肉のたれ」を開発。1968年に発売開始すると、瞬く間にヒット商品となった。1969年に「すき焼のたれ」を販売開始、1970年には「焼肉のたれ」のテレビCMをスタートしている。その後も変化する食生活のニーズに応えるべくフルーツベースの焼肉のたれである「黄金の味」を1978年に上市、テレビCMを全国一斉放送するなど広告宣伝を積極的に行い、急速に認知度を上げていった。1991年には、野菜をおいしく食べる「浅漬けの素」を発売開始し、同社の展開分野を肉類以外に拡大するのに成功した。近年では、小容量・個食ニーズに対応した「プチッと鍋」に代表されるポーション調味料なども販売、商品ラインアップを拡げている。

現在は、創立60周年を迎える2019年3月期に向けて、次の食生活のニーズの変化に応えるべく、国内の安定的収益と海外での成長基盤の確保を目的とした経営ビジョン「Evolution 60」を実行中。

(執筆:フィスコアナリスト)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below