Reuters logo
神戸物産---2017年5月度個別業績について
2017年7月2日 / 23:16 / 3ヶ月前

神戸物産---2017年5月度個別業績について


*08:17JST 神戸物産---2017年5月度個別業績について
 

神戸物産3038は、26日、2017年5月度の個別業績を発表。
個別売上高は前年同期比7.8%増の191.09億円、売上総利益は同18.3%増の15.61億円、営業利益は同24.2%増の10.51億円、経常利益は同8.1%減の10.60億円となった。

直轄エリアの既存店売上高は同4.5%増、直轄エリアの全店売上高は同10.0%増、全国の全店売上高は同8.9%増となった。

売上高では、5月度に業務スーパーの新規出店が2店舗(長野県佐久市、長野県南佐久郡佐久穂町)あったことで、店舗数が2017年5月末で765店舗となり、前年同期より35店舗増加したことによる新店効果があった。 利益面では、NB商品をPB商品へ切り替えたことによる利益率の改善や、価格戦略が功を奏し、売上総利益、営業利益の増益に寄与した。

また、5月7日には、阪神淡路大震災を風化させない為に、毎年神戸市で開催されている日本最大級の無料チャリティー音楽フェスティバル「COMIN‘ KOBE 17」に協賛。当日は同社ブースにて「業務スーパーチャリティ食堂」をオープン。これにより、多くの消費者に同社商品を紹介。他にも、「縁日」 や「じゃんけん大会」などの催しも行い、好評を得たという。今回のブース出展による利益は全額寄付している。今後も認知度及び企業価値の向上に取り組んでいくという。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below